mk

娼年のmkのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
4.0
狐狼の血の時も思いましたが、
松坂桃李ってすごい俳優さんだな。
って改めて思わせてくれる作品でした。


全てを俯瞰してる様な気だるげな大学生が、女性用風俗の店員として働いて女性の欲の深さ、素晴らしさを通して成長していく様なストーリー。


正直、AVかと思うぐらい際どい様なシーンもあってビックリですががそこまで下品でもないんじゃないかなって私は思いました。
そういうシーン以外で女性を尊重している様な描写があるからなのかなぁ。

そしてやっぱり思うこと。
どうやって撮影したのか気になる。笑
〈初鑑賞〉