柴山犬子

娼年の柴山犬子のレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.8
 ようやく、女性が見て楽しく、そしてドキドキするセックスの映画が出てきた! と感動しました。
これは松坂くんだから、なせる技かしら。以下、松坂桃李ファンとして贔屓目に記してます


 そして、女子たちの裸目当てにいった男性は打ちのめされるでしょう。打ちのめされてほしい(笑)
AV の変なセックスみるよりも、松坂くんのセックスをみて、参考にしてほしいなあという気持ちになりました。

 ちょっとまえに、日活が「日活ロマンポルノ リブート」で女性目線を唱いながらも、中身もエロの描き方も全くもってオヤジ目線の新シリーズを展開してましたが。(それなりにはおもしろい)
 そのロマンポルノに出ていた女優さんたち、いろんな映画での裸セックス要員として駆り出されていますが、今回も、冨手麻妙を発見。冨手さんに限らず、ロマンポルノに出てきた女優さんたちの脱がないドラマでも活躍をみたいな
 

 とにかく松坂くんとデートする目線で楽しめました。しずかさん、こと真飛聖の目線でもドキドキする。
 
 実はいちばん萌えるのって、「触れもせで」の状況なのかのもね
 そう考えてたら、綾瀬はるかと坂口健太郎がまったく触れあわないまま話が進む「今夜、ロマンス劇場で」をなぜか思い出しました

あと江波杏子がよかった!

しかし、母親とのくだりや母親の過去など、物語の流れは取って付けた感じだったのは残念