shiori

娼年のshioriのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
-
こちらで完成披露試写会に招待していただきました。
とても久しぶりの完成披露試写でとてもワクワクしました!
フィルマークス様ありがとうございます。

しかし、当てて頂きながら申し訳ないですが
非常に中身のない映画でびっくり致しました。
評価はゼロに等しいです。

多分、というか2018年ワースト1位になるであろうと思います。

最初は良かったです。
主人公のリョウが人間に興味がなく、
相手への愛が間違いなく無く、
欲もしくはストレスや暇を解消するためだけに女性との行為におよぶ。

それを御堂静香という人物に出会い娼婦(娼年)になり
その仕事を通して生身の女性、人と向き合い
人というものを知り自分をも成長させていく。

また、これだけ女性が登場するので、
女性の性の解放もテーマになるのでは、
いや脚本次第ではなるはずだろうが酷い出来。

オムニバスのようにきっちり区切られてはいないものの
オムニバスのように依頼主は登場し行為に及ぶが
1人1人時間を取っている割には女性の背景の描き方が薄すぎて、
だからなんなんだ。という感想しかでてこないし行為の前後もどんな気持ちかなど置いてきぼりで結局、男性目線のアダルトビデオと一緒だ。

この映画の売りになっている過激なシーン。
これもキスからの胸愛撫、からの下半身と同じパターンが多くて退屈だ。
喘ぎ声1つだって演技は出来るはずだが皆単調でつまらない。
途中からはいはい、またですか?と萎える。
有名な女優じゃなきゃやってくれないから
新日活女優とも言うべき女優を人選したんだろうけど、
脱げるで人選したのならなおさら本物のAV女優を使った方がよかったんじゃない?
という演技レベル。

桃李くん過激な演技すごーい、
ここまで過激なのなかなかないでしょーって普通にあります。
大体、松坂桃李さん別にここまでやらなくても演技がうまいのは承知です。
だからこそこんなことをして演技派が演技派ぶるような事をしない方が良かった。

この映画で良かった点は真飛聖と御堂静香の存在だけかな。