濡れ甘納豆

娼年の濡れ甘納豆のネタバレレビュー・内容・結末

娼年(2018年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

完成披露上映会で観ました。
以前の舞台版も拝見したので純粋な映画の感想にはならないかもしれません。

R18+ということですが、おそらく事前にそれを知っていたとしてもかなりの衝撃を受けるシーンの数々。
まず、主人公である領のおしりのどアップのカットから始まります。

私には女性を癒し、自らも成長していく主人公のRPGを観ている様な気がしてきました。
とにかくあらわな濡れ場の連続ですが、思わず笑ってしまうシーンもあります。そこは我慢せずに笑ってOKです。笑
舞台版よりポップに描いたと監督も言っていた通りだと思います。割りとポップにサクサク進む感じです。

舞台版は娼年+逝年でしたが、今作は娼年の原作にかなり忠実なのではないでしょうか。
ただ、クラブ摘発の原因(恵が警察に告発した)が描かれていないのが少し気になるかな?結構重要なポイントかと思います。

キャストはやはり舞台版の方がよかったです。特に真飛さんは勿論美しいのですが、宝塚のトップだったこともあり女性的な妖艶さはあまり感じられず。高岡早紀のあの雰囲気には及ばないかな。舞台版から続行のアズマ役の猪塚さん、老女役の江波杏子さんはやはり安定感ありました。

ひとりで行くか誰かと行くか、ですが、私なら仲の良い友人と言って観た後に色々と話したいです。

人気のある俳優である桃李くんがこの主人公を演じ、それがシネコンで公開されるということが奇跡的です。

出来たら映画館で観て、私何見てるんだろ…って気分になりつつも、領くんに抱かれてください!