まや

娼年のまやのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.7
完成披露試写会にて。

始まりから終わりまで、
とにかく松坂桃李君がここまで身体張るの初めて見た…!
すごすぎたなぁ、うん。
内容や予告を見てある程度R18の空気を想定して行ったけど、まんまとその想定を上回る内容でした。
ただ個人的に、領君が成長していく中で、セックスの仕方だったり、
果て方に変化がもう少し欲しかった。
色んなのを見たかったかなぁ。

舞台挨拶の時に松坂桃李君が言ってました、余韻が楽しめる作品です、と。
はい、かなり余韻が楽しめています。笑
悶々としながら映画館を出た女性も多かったのではないでしょうか。

見る相手を考えないといけない映画だ。
気軽にカップルで見に行くもんではないかも。