やん

娼年のやんのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
-
全体的に良かった。

問題は女性の身近な人に開かせない秘密的要素が過剰に表現されていたこと。
もっともっと普通(に見える。もっと見えにくいココロを持つ)女性の姿があれば、もっと見たいと思えたのかな。
もっと普通なんだけど、ちょっと異常な女の姿を萩原さんあたりの役者さんには表現出来ると思う。惜しい

ラストの方の大女優のベットに倒れこむ姿は、増村の卍の若尾文子に見えて震えた。