Kamomy

娼年のKamomyのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.5
原作『娼年』『逝年』共に読了済で鑑賞。
18禁映画を劇場で観るのは初だったのでそわそわ。
蓋を開けてみれば《ほぼほぼコメディー!》《そしてAV》でした(笑)
熱海のシーンなんて心の中では抱腹絶倒よ!徳馬さんよくオファー受けたなって感じ。エンドロールでまで笑かしてくるのやめてくれよ。

……原作と違いすぎる!
テーマ的にやっぱり男女の性の滑稽さは感じるけど、原作は女性へのリスペクトがあるしもっと繊細。石田衣良ならではの作品って感じなのよ。松坂桃李演じるリョウくんがなんでトップになれたか。終始あんなガシャガシャセックスじゃあ、映画しか観てない人には全く分からないと思う。あんなセックス痛いだけじゃないの!!あのシーンまで男性本意のものに思えた。

それが凄い残念なはずなんだけど、最初も言った通り面白いのよ。
そしてやっぱり《松坂桃李29歳がエロい》!!これに尽きるんですよ!
ハンサムなのにチャラついた雰囲気もなく何処か闇がある目、180を優に超える身長、細すぎず綺麗すぎないリアルなガタイ。本当に脂が乗り切っておりましたわ。この歳にオファーを受けてくれてありがとう。そしてご馳走様でした。

演出も敢えてなのかすごくダサいし、たくさんのセックスシーンも男性向けだから石田衣良ファンは注意してほしい!配役も半分満足半分不満。特に静香さんが思ってたんとちゃう感はんぱないよ〜。
なので原作ファンよりむしろエロコメディーが好きな方、松坂桃李の陰ある色気を浴びたい方におすすめしたい作品です!

私はとても好きです!!!ただ女性監督が描く別の『娼年』(リョウくんはまた松坂桃李で!)も観てみたいなあ。

評価難しいんだけど星はほぼ桃李くんに。そしてほかの俳優さんたちに。三浦監督合わないのかもしれないな。すみません、監督。