なつこ

娼年のなつこのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.7
あんな素直な気持ちで裏稼業やってる子がいたら、そりゃ人気出ますよ!
とりあえずリョウくんはどこで買えますかね?
じゃなくて(笑)

「愛の渦」も衝撃的な映像の中に、それぞれが抱えるものが描かれてましたが、この作品は主人公ひとりに絞ることで、より深く心に寄り添う成長物語でもある。
女もセックスもつまらないと言っていた彼のセックスは、確かにつまらなかった。
それが成長していくことで変わっていく。セックスで成長を見せるなんて、すごい手法ですよね。

とにかく松坂桃李がすごいです。文字通りめちゃめちゃ体張ってるし、濡れ場ひとつひとつちゃんと演じ分けていて。
撮影大変だっただろうなー。

気になったのは、西岡さんよくこの役でオファー受けたな!っていうのと(笑)再試験の後半のイメージカットみたいなのは要らなかったな〜という所でしょうか。
なんかあの演出のせいで安っぽく見えちゃったし、ちょっと冷めた。

しかし、さくらちゃんすごい子だよね。
それを良しとしてる母親もすごいけど。

セックスは、時に言葉を超えるコミュニケーションなのかもしれない。

とりあえず原作読みたくなりました。
本屋行ってきます( ̄^ ̄)ゞ