MikiSuzuki

娼年のMikiSuzukiのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
2.8
当たり前だけど濡れ場多い。
ちょっと笑っちゃうような濡れ場もあった(笑)

女の欲望の深さとその傷が比例している話はとても好きだった。
もっと濃く描いて欲しかったな。
とは言えきっとビジュアル重視の映画なので文句まではいかず。

松坂桃李の憂いを持ってる感がとてもセクシーで、男性のお尻の筋肉美しいと思える作品でした。