Mei

娼年のMeiのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.6
リアリティのあるベッドシーン。
過激でありつつも、美しさをも感じさせ、愛の形の多様性を実感させられる作品。
主演の松坂桃李さんがかなりからだを張ってるなあという印象でした。
映画を観た後は、舞台版観ればよかったと後悔しました。
映画史に残る作品かなと思います。
音楽、画の色も注目すべきポイントかなと思いました。