そよ

娼年のそよのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.5
松坂桃李の濡れ場のシーンに注目が集まっている感じがするが、ひとつの作品としておもしろかった。

自分の欲求を満たしてくれる受け入れてくれるという事実の方がその行為自体よりも価値があって、気持ちいいのかもしれないな、と。承認されるって気持ちいいんだよな、と。だからリョウも変わっていったのかもなぁと。上手く言えないけど。

個人的にはさくら側の視点での話もみてみたいなぁと思った。