あんこ

娼年のあんこのネタバレレビュー・内容・結末

娼年(2018年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

公開前から気になっていた映画。
お尻から始まり、「ひょっとしてずっとこういうお尻のぷるぷるシーン見せられる映画?!大丈夫だよね?!」と不安になったけど、きちんと響くものが描かれていてよかった。
人の欲望は、人の弱いところに関係している、みたいなセリフに共感。人に興味がないつまらないのではなく失う恐れとか母親の死からそういう感情を避けてしまっていたんだろうなと感じた。
本当に人それぞれ多種多様な欲望を隠して生きていて、それを見てなるほどと思ったし興味深かった。
真飛聖さん綺麗、さくらちゃん可愛い。でも実の母親が娘にあんなことさせるかなぁというのはリアリティーに欠ける気がしてしまった。
物語の後半でもう一度試験するシーンは急に描き方がシュールで何これと思った。