如月

娼年の如月のレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.2
役者さんたちの熱演は伝わるが、第一印象は“運動会みたいだな”だった。

前にも同じ感想を抱いたことがあったのを思い出し確かめたら、同じ三浦監督作品だったので合点がいった。愛の渦。

金銭授受を伴う出逢いは、少なくとも当初は愛も情もない交わり。芽生える感情やその変化、人間の営みの滑稽さや悲哀を監督は描こうとしたのだろうか。

主人公の心の成長は読み取れたが、試験の最初と2度目の差が分かりにくかった。自分の感性が鈍いのかも。

領くんの大学の友人の恵には、もっと衣装(下着)で覚悟が表現されていたら良かったのに残念。短いシーンだけど勝負なのだから。最後の二人の絡みは、哀しくて切なくてとても良いシーンだったが、二人とも大学生役は厳しいと思った。Barのシーンでは衣装やメイクで雰囲気を醸し出せても、服をまとわぬ身体は正直。

本作とは関係ないが桜井さんはドラマで、おねだり&諭されるシーンのほうが官能的だった。着衣だったけど。

全体的に裸の時間が多いわりにはいやらしさはない。金銭で繋がる関係で描かれている行為を、そのまま手本として身近な人との関係に持ち込まないでね、とお節介にも程があるが思っている。