たかし

娼年のたかしのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.0
濡れ場シーンがかなり責めているという映画はそれだけで満足できる。でも今作は濡れ場シーンの音に違和感が多く、かなりノイズになっているのがもったいない。
主人公の成長物としても正直分かりづらい。セックスを通じて成長するのであれば、最終試験というべきラストでもうちょっと見てるこちらに伝わるような変化が欲しかった。