まつき

娼年のまつきのネタバレレビュー・内容・結末

娼年(2018年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・私の隣には若い女性の3人組が横並びで座ってたんだけど、スクリーンでは濡れ場シーンがひたすら続くから、気まずくなっていないか気になってしまった。買ったポップコーンに全然手をつけられない様子だったのは微笑ましかった。笑

・とにかく松坂桃李の俳優としての覚悟が伝わる作品…。なんといっても主人公の成長物語ですし

・一つ一つの濡れ場に、それぞれ変わった趣向というか性癖があって、かつ過激で面白かった。やりすぎで笑えるくらいなんだけど、作り手としては「笑ってほしい」とのこと。笑

・本当に最初から最後まで濡れ場の連続なので、新鮮な映画体験だった。

・こんなこと書くのもちょっとあれなんだけど、セックスは対話だと。相手の求めていることを聞いて、それに答えてあげる。思いやりこそが愛で、対話こそが愛だ。男性の欲望と同じように、女性も欲望を秘めている。女性の欲望を解放させてあげるよう努めると良いし、女性もまた解放していいんだよ、という優しい作品だったと思う。

・舞台版も観てみたかった…かも…