13

娼年の13のレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.6
松坂桃李が街中を闊歩するシーンが常にイケメンだった
真飛聖の声がなんとも美しかった
最初のお客の役柄が最高だった
映像とかはこだわりがあるんだろうな、という感じ。まあ作品に合ってる
写し方は綺麗だが写し方自体は現代風では無かった、合ってた。
笑えるシーンが多かった
展開が突飛ではあった
摘発て
ろう者って喘ぐ時普通にここまでほかの人と変わらないような喘ぎなのか?とか思った
欲望の秘密はその人の傷付いている所や
弱い所にひっそりと息衝いている、成る程なと思った
松坂桃李の前戯が激し過ぎてちょっとウケてしまった、でも最初瞬きしまくりの演技から中盤女性に向き合うようになっていく辺りで優しい目をしてきていて惚れそうだった