MONDAYTHEATER

娼年のMONDAYTHEATERのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
4.1
いろんな意味で衝撃的な内容でしたね。
でも、思ったのはこの映画を観れるのならきっとどんな映画でも観れるのであろうという事です。何か一つ壁を乗り越えた気分です。

大学生のリョウはシズカという女性にボーイズクラブで働かないと声を掛けられ彼はその道へハマっていくのでした。

松坂さんはプロですね。こんなにも衝撃的な内容を見事にクリアし、新しい魅力を引き出しましたね。「彼女がその名を知らない鳥たち」も凄かったのdすが、一段とギアを上げた気がします。いや〜すごいです。もうそれしか言葉は出て来ません。

その他の脇役陣も良かったです。西岡さんはあれで良いのでしょうか?表情がだんだんと崩れてきて、もう最後は松坂さんより燃えていましたね。一人「燃えよドラゴン」みたいになってました。あと江波さんも昔はカッコいい女性の代表格だったのですが、こう言う役もやるんですね。ちょっと意外な感じがしました。あとシズカ役は壇蜜さんなのかと思いきゃ、全然違う俳優さんだったので良かったです。

今作は三浦監督の希望や願望がふんだんに描かれています。三浦監督の気持ちに松坂さんが答えてくれた感じですね。セックスシーンの多い作品ではあるものの、”普通”の人間はいないということやいろんな事情の下で人は生きてるのだと言うことを感じました。まあ普通にセックスと聞くと嫌煙しがちですが、人の愛情を感じとったり、愛の無い物になったり、セックスというものは奥が深いんだなと思いました。

いろいろと勉強になる作品ですね。
あのゲイシーンはなくても良いと思いましたが、不快感を感じるものではりません。
むしろリョウというキャラに共感したりする場面もあります。
いろんな事を感じとる作品なので生々しいセックスシーンが大丈夫という方にはオススメです。