mnm

娼年のmnmのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
1.2
序盤の引き込み方が良かった。
最後の方、なんだか面白映画みたいになっちゃって正直笑ってしまった。
が、人それぞれのままならない事情とか、人から見たら滑稽なんだけれども、本人ににしてみれば繊細な「苦悩」、や「楽しみ」が描かれていて、なんて言ったら良いのかわからないけれど、じんわり感動して泣いた。