ぼぶ

娼年のぼぶのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
4.0
透明なひとだなぁって思った。
それはリョウがなのか松坂桃李がなのかはわからないけれど。
その透明な彼の目を通していろんな女性の姿を見せてもらったような感覚になった。
誰もが自分だけの欲望を持っている。それがどんなに歪でも理解されにくいものでも、なんだか美しく思えた。想像していたよりずっと深くて胸がぎゅっと締めつけられる物語だった。