KimiKurita

娼年のKimiKuritaのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.0
松坂桃李くん、おつかれさま!といいたい。
体当たり演技がすばらしい。
内容はいろんな愛の形があるんやな、って感じ。
10人いれば10通りあって、一言では表せない複雑な感じが演技だけではなく音楽やカメラワークからも感じられた。
当然ながら濡れ場が多くて生々しかったけど、上品な感じがした。
ただ、夫妻からの依頼のシーンで桃李くんがグラサンかけてオラオラ系演じとるのはコントかと思った笑