na

娼年のnaのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
2.7
.
思っていたよりも遥かにメッセージ性があって驚きました。
その人だけの性格、人生があるわけで、
その中でひとりひとりに寄り添うことの大変さや大切さ。寄り添ってくれることで救われる気持ち。

うまく纏まらないけれど。
どんな欲にしろ誰にだって欲望は存在するわけで。それを満たす術があることは生きていく上で大切だとおもった。
.
リョウくんが目に見えて変わっていく姿が面白かったし松坂さんの涙は綺麗。