jejua

娼年のjejuaのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
2.0
ただの高級(松坂桃李だけに)AV。
タイトルにちょっと期待するもそこに哀愁もなければ余韻もない。
観たいのはこういう表現じゃない。

そして西岡徳馬さんはなぜあの役をひきうけてしまったんだろう。、。