アン

娼年のアンのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.0
過激なセックス描写よりも松坂桃李が女性に向き合う過程をもっと丁寧に描いて欲しかった感があった 。
セックス描写も笑っていいのか真剣に見るべきなのかわからなかったなあ。例えば、求められてるモノが違うけど『愛の渦』とかはセックスは滑稽なものとして描かれてて、うまく物語に落とし込んでいたと思う。
月明かり?に照らされた女の人の裸本当に綺麗だったし、光を多用しててそのシーンは好き。
蛇足かもだけど、松坂桃李が攻めのセックスばかりしてたけど、そういうの求める女性ばっかりじゃないだろとも思ったね。