Rosso

娼年のRossoのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.3
劇場で見逃しちゃったんだが、これ自宅鑑賞でむしろ良かったかもしれんな...笑

桃李きゅんと女たちの脱ぎっぷりにも乾杯だがしかし、この映画は領くんの変化に尽きると思う。
ただ感情移入できるかと言われるとうーん とも思うし、
描き方が秀逸だったかと言われても悪くはなかった という感じでぶっ刺さるほどの何かは気づけてねえなあ〜
ラストらへんで特にそれが顕著だった。

まあね、出演者あれこれでの感想を言うと
桃李くんは、よくこれ引き受けたなあと思うほどに予想を超えて領くんと向き合ってたので、しゅごいなと思った(語彙力の喪失)

アンチポルノでも身体張ってた冨手ちゃんはどうしてもエロさを見出せない(おっぱいは好きだよ?)

佐々木心音 feat.西岡徳馬 は
これ声出して笑うしかねえやろwww
思い出しても笑うわこんなん
すごく好きだった、
俺も険しい顔して一心に うおおおおおお...!!!!! って(以下規制

その他にもアブノーマルなスペシャリストの登壇はなかなかに拍手もんでしたな。

これだけ全裸塗れなので、えっろ!! !となってもいいはずで、まあある程度はなったけど、
それよりも うわすげえ... すご...
の方が勝っちまったのもまた事実だったね。
桃李くんだから観た というところかね。