サボテン

娼年のサボテンのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
2.0
ムードがあるし、濡れ場はとても臨場感があったが、話の内容はあまり分からなかった。
松坂桃李ファンの女性にはウケる映画なのだと思う。