Shuhei

娼年のShuheiのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
-
評価が難しいからノースコアで。
ただひたすら娼婦について。
セックスシーンがかなりリアルで、それがこの映画の結構な割合を占めるけど、原作者が石田衣良ということで男性だからか、その描写もやっぱり男性目線としてのセックスの表現というかエゴというか、それが強めだなーと感じた。
あとはもう松坂桃李の役作りに尽きる。