cocoamama

娼年のcocoamamaのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
2.0
サイレーン、パーフェクトワールド、不能犯で松坂桃李が好きになったから、観てみた。びっくらこいた。
なんだろう。。とにかく濡れ場ばかりだった。バックボーン的な、抱えてる闇がもっと丁寧に描写されてるシーンがあれば作品全体ももう少し深くなったんじゃないだろうか。。細かい心理描写を松坂桃李の演技に頼り過ぎてる感が。さすがに無理があるだろ。

人間関係の相関図、現実で起こってたら複雑過ぎるつくりの割に、サラリと流しすぎてて違和感が拭えない。
なんか、期待してたから物語が薄くてショックだった。

人間なんて結局オスとメスで、やってる事はひとつだろ?って言われてるみたいで、セックスの尊さや素晴らしさを考えさせられる内容ではないかな。
アホ丸出しだからちゃんと好きな人としかしない方がいい行為だなとは思った。興冷めするわ。

悪くいうつもりは全く無いし、俳優女優魂素晴らしすぎると思ったけど。
1人で観て良かった。