テポドン

娼年のテポドンのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.4
コメディ映画としてこの点数を付けたい。
この映画を映画館で観なくて本当によかった。松坂桃李がサングラスをかけて性交するシーンは完全にNTRAVでしかなくて爆笑した。
毎回地名を出すのが東京女子図鑑みたいで気になった。わざわざ地名を出す必要性がよくわからない。

最後に
松坂桃李のおしりがとても綺麗だった。