HirotakaIto

娼年のHirotakaItoのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.1
個人的にはストーリーが思ったより薄っぺらさが無かったかなと。
欲望を曝け出すスタイルが素直でよろしい。