クルードス

娼年のクルードスのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.6
世の中の評判的にトンデモ映画なのかなという印象で観たら、思ったより全然楽しめた。

とは言え、最初からセックスシーンばかりで「すごいなこりゃ、劇場で観てたら恥ずかしくなかったんかいな」と思っていたが、いつしかそんなシーンの連続にも慣れて観入っていた。

主人公はいい大学に行き、モテる人生を歩んでいたと思わせるオープニング。

女性なんて下らないと思い、自分を閉ざしていた主人公が女性をお客さんとして接する事で、初めて女性と向き合う。
手を繋ぐのに迷ったり、話していたらいきなり帰られて戸惑ったり。
女性との距離を計るのが生まれて初めてなんだろうなあ。
そんなの普通は誰でもやってるよ。
今まで相当モテてたんだろうなあと思ってみたり(笑)

オシッコを見られるのに快感を感じるお客さん。あんなに相手に気遣いが出来るいい人だったら、そりゃ見たいですって言うよなあ。女性の欲望が満たせて何より。

旅館のシーンはコメディ調で、AVさながらのベタなセリフ回しを松坂桃李にやらせているというのが本当に笑えた(笑)

大学の同級生のエピソードは切なかった。あそこで二人が結ばれるなんていう甘い展開などなく、ますます距離を感じちゃうところが何とも…。

あと一番重要とも言える居酒屋で主人公が母親の思いを告白する場面。
松坂桃李、上手いなあとしみじみ感じた。

東京の見覚えのある景色がたくさん出てくるのも面白かったが、いちいち街の名前のテロップが出るのはちょっと古くさかったかな(笑)

男の観点からの不満点としては、お客さんがキレイな人ばかりだった事。
様々な人が来て、時に勃起しなくて苦労するのを克服する主人公の姿とか見てみたかった。
あと、あのラストの異空間親子丼ショットはちょっとやり過ぎ、主人公が終始最初から手首ガシガシし過ぎててデリカシーが無さそうに見える。
冒頭では前戯少なめでガシガシしてたのが最後の方では変わってくる、という演出があるのかと思ったが特に無かった。

この映画、応援上映をやっていたようでどんなだったのか調べたけど、みんな楽器を持ち込んで腰の動きに合わせて打ち鳴らしてたなんて面白過ぎ(笑)