Lico

娼年のLicoのネタバレレビュー・内容・結末

娼年(2018年製作の映画)
2.6

このレビューはネタバレを含みます

普通とは。原作も舞台の存在も後知り。
これを舞台で、、逆に気になる。

松坂桃李は根っから優しい人だろうと思った。本来の見方とは違うと思うけれど、所々腹筋が痛くなるくらい笑ってしまった。特にラストは地方の面白PR動画っぽくて冷めてしまった。

けれど構成や展開がセクシュアリティとコンプレックスの結びつきを紐解いていく様は凄く良かった。

松坂桃李の体当たり演技も然り、まさかのまさか「今日から俺は」の独特な空回りが印象的なあの先生があずまだとは。俳優って凄い。