ればこ

娼年のればこのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
2.5
熱海編で完全に大爆笑させられてからはところどころ噴きながら観れたので、楽しかったと言えば楽しかったです。最後のエアー3Pシーンとか、プログレみたいな音楽に合いの手のように喘ぎ声を入れるとかほんとやめてほしい。

良かったのは女性陣の好演かなと思います。しずかさんとか、最初のお客さんとか、おしっこのお客さんとか、演技や佇まいに品があって素敵だなと思いました。
ただあの同級生はどこまでもめんどくせーなって感じでした。喘いでるのかと思いきやグエッグエッって泣いてるし。潮の吹き方しか尊敬できない。

映画全編の感想としては、内容の割に時間が長い、音楽の使い方がダサい、毎回地名の紹介するのもダサい、って感じでした。とにかく満遍なくダサくて、そこが割とツボに入ったっていう。狙ったの…?