rico

娼年のricoのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
-
なんだろう、甘美というより
純粋に美しい作品だと感じました 。

下衆な内容なのにいやらしくない(主観) 。
何故か涙が出ました 。
欲望の無限さを目の当たりにしたし、
人間くさくてそれも良いかもしれません 。
自分は行為をネガティブに捉えていたけれど、
良い意味で考え方を変えてくれた作品だなと 。
途中笑える描写もあったけれど笑

最初は観るのしんどかった…
徐々に慣れてくるから怖いですね笑

この作品を観て大好きな松坂さんのことを
嫌いになりたくないと思っていたけれど、
松坂さんをもっと好きになりました 。


評価はつけられない 。