じゃすみん

娼年のじゃすみんのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.8
誰もが平気な顔して、欲望を隠しながら生きている。その裏側をしっかり見せてくれる作品だった。
私はこういう作品好き。
ホテルの壁越しの演出が、それを一番表しているかなって思う。

多様性は性にもあっていい。
いろんな欲望があっていい。
普通って何?ってはなし。

ラストシーンは笑っちゃったけど、快楽の世界に入ってる時って、みんなあんな感じなんじゃない?
と思って少し納得してしまった。

レビューが賛否両論すぎて面白いけど、それもまた多様性なんだな。