821

娼年の821のレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.3
今まで見た映画の中で一番、フォローさせてもらっている方々のレビューを読むのが楽しかった作品かもしれないです…笑
(過去の鑑賞記録にいきなりイイネやらコメントしてしまい、失礼しました😖)

あまりにも振り切ったR18具合に私も困惑しました。エロいな!そして役者陣の体のはりかた!なんか凄まじかったです。なんか。視覚的にも、音的にも。
中盤まではわりと真面目に見てたんですけど、スパンコールパンツ&「指折って」あたりからちょっと半笑いになってしまい (さすがVIP専用ボーイ…玄人向けは格が違うわ…) 最後のスポットライト&回転するカメラの演出でもう笑ってしまいました。あれはあかん。
めくるめくエロスの世界。新しい世界を知りました。現実的なんかはしらんけど。

真面目な感想を書きますと、視覚的なエロスを追求しすぎてストーリーが上滑りしているような印象を抱きました。「女ってつまらない」からの変化が唐突すぎるし…。そもそも母親への感情とその気持ちが共存していたのも想像しにくいですね。

ところでこの応援上映めちゃ盛り上がったらしいですね。どういう雰囲気なんやろ。気になる。