娼年の作品情報・感想・評価

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.3

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

松坂桃李くんがただただ素晴らしい!笑えるシーンもあるw
なかなかにエロティックでよかったと思います!
普通な感じの男の子のやる気のないけだるさや
欲情した感じの何とも言えない生々しさが、彼の演技力の高さを見れたかなと。
とりあえず松坂桃李の背中、お尻がキレイ!!
猪塚健太さんも存在感があってよかったです。
くに

くにの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

女性のためのAVみたいな映画だった。性欲だけ満たすんじゃ物足りないところが、女子だな~って感じ。ワガママで愛しい。
出てくる登場人物はみんな魅力的で、演技派で、サイコー!!
個人的にはじめの人生に絶望してるクソ大学生なりょうくんがタイプ。「女なんてつまんない」ってセリフサイコーすぎ。

でも映画としては、理解出来ず、その設定いるかな?と思うものばかり。個人の趣味全開で作成してしまった感が否めない映画だった。
娼年になった理由もイマイチよくわからないし、今まで結構奔放だったのに、どうして金銭のやり取りのあるセックスでりょうくんが変わったのか、、、娼年の設定がなくても、ただ魅力的な女性に出会った話でよかった気もする。エイズもしずかさんのことが好きな設定も活かしきれず残念な印象。
とーりくんがこのオファー受けたことに
驚き。
あすか

あすかの感想・評価

3.6
松坂桃李よくやりきったなぁって感じ。衝撃的で刺激的。ずっとリアルだったのに、最後の描写は勿体ない気がしたなぁ。永遠の0のラストと同じく。最後の最後まで、リアルに描いて欲しいかも。松坂桃李演じる主人公が、人間らしくなっていく映画。
youjiohira

youjiohiraの感想・評価

3.3
松坂桃李、よくこの役を引き受けたなあ。絡みがスゴイ。
しま

しまの感想・評価

3.5
記録用
miyu

miyuの感想・評価

3.0
10年以上前に オマセな娘が石田衣良のこの小説を読んでいた為ワタシも読んだ。。。
結構、ワタシの友達なんかにも
貸し出して 回し読みした。。。
当時、チョット 刺激的な話だなぁ〜って
思ったもので…

それを 松坂桃李くんが演じる…って事に
若干 イメージが違う…って 気がした。。。

正直 画像になると…
あまり 何も感じなくて
(下品な言い方すると ヤッてるだけの映画に見えて…💦
まっ 小説もそのシーンはあるんだけど 小説の中にある気持ちの部分が 映像じゃあまり 伝わらなくて…)

小説の方が ずっと 官能的で、刺激的で
あの世界観は 文字と文字の間にあり
読む人間の想像力や妄想を広げる様な気がして…

映画で見たら、一方的に映像を押し付けられてるいる様な…
上手く言葉に出来ないんですが…
チョット 違うかな〜
って 思うのは ワタシだけかな〜
>|