娼年の作品情報・感想・評価

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

松坂桃李くんがただただ素晴らしい!笑えるシーンもあるw
一個だけ怖いシーンがあった
amelie

amelieの感想・評価

3.1

松坂くん
頑張ったなぁ

もはやAVといわれるのも
仕方ないかなぁと

普通に笑ってしまうシーンもあり。

様々な役に挑戦する
今後の松坂桃李、さらに期待
Yoko

Yokoの感想・評価

2.5
松坂桃李がここまでやるかと思ったけど
最後が雑すぎ。
宗教映画かと…
作り手の熱量が後半冷めてきてると感じた
どういう気持ちでこの作品作ったの?ってなる。
かぴ

かぴの感想・評価

4.5
ギャグ
絶対DVD買う
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.0
なんかお洒落な映画やった!

大学生の領はろくに授業にも出ず、バーテンダーのバイトをしたり、適当な女と寝て過ごしていた。「女なんてくだらない」そう思っていた矢先、バーに来た一人の女性をきっかけに体を売る仕事を始めるのだが――

おいおい!他の地域では4月6日から上映されてたのに和歌山7月って!まあ上映してくれただけマシか!見れて良かった!
他の方のレビューには「女性用のAV」みたいなのを書いてるのが多くて、どんなエロいんやろ~(ヨダレ)って感じに楽しみにしてたんやけど、やっぱり三浦大輔、ハズレはないよね、面白かった!

面白かったけど、なんとなく、作り方に違和感を感じる部分もあった。何でこれこんな撮り方してるんだろう?とか。変に台詞がわざとらしかったりとか、それはそういう演出なのかもしれないけど、リアル好きの私としては少し残念だった。

エロかったかと聞かれると、エロかった気もするし、全然エロくなかった気もする。
あたしにチンコがついてたら勃起してたのか?と考えてみても多分してないんじゃないかなあ、と思う。
容赦ないセックスの描写がありながらもエロさがないのは何故だろう、と考えてみたけれど、おそらく自分の経験則と一切重ならない、共感し得ないセックスばかりだったからだろう。

松坂桃李といえばここ最近ちょっと
エロい役が増えてきてるけど、
ベストオブエロはやっぱり
彼女がその名を知らない鳥たちの桃李くんだよな。あのキスは勃起するわ、うん。

💯
一回でいいかな
せい

せいの感想・評価

3.8
バーでバイトする大学生・領はホストの友人に連れてきた静香に誘われ娼夫を始める。
色んなお客さんがいて、色んな欲望の形がある、それをじっくりと見せられた。
でもサングラスのシーンは笑ってしまうのは仕方ないですよね?正直笑いを堪えるのに必死でした。
松坂桃李にNGはないのか?あそこまでやってくれて本当に感謝しかない。
一生分松坂桃李のケツ拝んだ気がする。
>|