娼年の作品情報・感想・評価

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

まずは松坂桃李さん腰が終わらなくて良かったね、20歳の役は大変だったね、お疲れさまでしたという感想。上映時間の半分以上が濡れ場で、手マンもあるしNTRっぽいのもあるし、放尿マニアも出てくるしでバラエティーに富んだ性癖が垣間見れる。がしかし、ご本人もAV観て研究したと仰ってたけど、ちょっとやり過ぎ感も否めない。そして大袈裟感も否めない。

三浦大輔監督の前作、愛の渦、恋の渦に見えたリアルとファンタジーの狭間が、今回はちょっと寄り過ぎたんではないかと感じた。

まあでも、R18とはいえ、一般作品でここまで表現するようになったことは、何かしらの進化なのだろうと思う。だってこれを観てアブノーマルの世界に入り込んでくる輩は沢山いるだろうし、男を買う女も沢山いると思う。彼らはファンタジー抜きのリアルな世界を、どう捉えていくのだろうね…。
sora

soraの感想・評価

-
旬な俳優さんが
まさか こちらの作品に主演されるとは
とても衝撃的でした. 他の作品を観ていたので様々な役を演じる松坂さんの振り幅がかなり大きいと感じた作品. 
松坂くんは頑張ってたけど、かの鳥の方がずっとエロくて、期待が大きかっただけに拍子抜け。
松坂桃李の演技の幅広さを感じた
na

naの感想・評価

2.0
松坂桃李くんすごい
原作未読なのでわかりませんが、脚本が酷いです。そこを問う映画では無いのかも知れませんが肝心の濡れ場はセックス、セックス、またセックスと一辺倒で、後半は、まーた始めるのかよと画面に突っ込みを入れてしまう程。それだけの濡れ場をこなした、松坂くんには頑張ったで賞をあげるとしても真飛聖さんは酷すぎるし、良かったのは大谷麻衣さんくらい。今年2本目の金返せ映画でした・・・
でん

でんの感想・評価

-
予告のファ〜のとこのイメージがつよく、そのイメージで観たのでちょっとアレッという感じはあった
お、おもしろい〜〜〜とはならなかった
amyhykw

amyhykwの感想・評価

3.2
彼女がその名を知らない鳥たちの松坂桃李が良すぎて鑑賞。痛そうなシーンが苦手だった。
ayumi

ayumiの感想・評価

2.8
これは笑ってもいいやつですか…?お仕事とは言え映画はもちろん舞台もこなした松坂桃李くん、あと女優さんたちがとにかくスゴい。
>|