娼年の作品情報・感想・評価

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

まずは松坂桃李さん腰が終わらなくて良かったね、20歳の役は大変だったね、お疲れさまでしたという感想。上映時間の半分以上が濡れ場で、手マンもあるしNTRっぽいのもあるし、放尿マニアも出てくるしでバラエティーに富んだ性癖が垣間見れる。がしかし、ご本人もAV観て研究したと仰ってたけど、ちょっとやり過ぎ感も否めない。そして大袈裟感も否めない。

三浦大輔監督の前作、愛の渦、恋の渦に見えたリアルとファンタジーの狭間が、今回はちょっと寄り過ぎたんではないかと感じた。

まあでも、R18とはいえ、一般作品でここまで表現するようになったことは、何かしらの進化なのだろうと思う。だってこれを観てアブノーマルの世界に入り込んでくる輩は沢山いるだろうし、男を買う女も沢山いると思う。彼らはファンタジー抜きのリアルな世界を、どう捉えていくのだろうね…。
ストーリー、演出はぶっちゃけなかなかの陳腐さなのですが、松坂桃李の体を張りすぎた演技が。ごちそうさまでした。

セックス で始まり
セックス で終わる
人のセックス何回見るんだ!っていうほど見せつけられましたが
性癖は本当に人それぞれで
驚くことばかりでした


映画館の音響で
生々しい音まで聞いちゃう

終わった瞬間
普通の映画にはない
女子たちのざわめきが笑
しゃけ

しゃけの感想・評価

4.0
娼夫をして顧客の女性に寄り添うことを描くのにセックスの細かい描写は必要だったと思いますが思ったよりすごい濃厚でした。
びちゃびちゃ音が大音量で女性向けAVを集団で見てるようで少し恥ずかしいくらい。。松坂桃李の綺麗なお尻、アクロバティックな体位、すごいピストンを見ることができます。
西岡徳馬のシーンはすごく面白かった。あれは笑ってしまう。。
ごちそうさまです。
さく

さくの感想・評価

3.0
松坂桃李のAVという印象。映画館の音響で濡れ場を観ることはなかなかない(笑)やたら場面にこだわる夫婦のシーンと最後の演出は笑ってしまった。最初の女の人みたいな色気がある人になりたい〜〜〜
はる

はるの感想・評価

2.5
ううーん.......
松坂桃李のAV詰め合わせ......?

ほぼほぼ濡れ場
クライマックスの演出は笑わせようとしてるのかな...?
キャラクターの心理も成長もよくわからなすぎて見てる途中から見終わった後も戸惑う...戸惑ってる...
レンタルでも見なくてよかったかな...
あやの

あやのの感想・評価

3.2
すごく皆さん身体張ってたし、
松坂桃李の好感度もさらに上がったけど、

原作は小説みたいですが、ベッドシーンがとにかく長いし多いお話なので、
文字だけだとベットシーンの描写も細かく書けるところが映像になるとただただやってる様を長い尺観ることになるので、映像化には向いてない話かなと思ってしまいました。なのでとても評価しづらい映画です。

大人数でどデカイスクリーンでAVを黙ってみる不思議な体験をしました。笑
小説を読んでみたいと思いました。
まとぶんに釣られた

応援上映やるみたいだけど、誰をどう応援するのかね
上旬

上旬の感想・評価

2.8
意外と悪くないと思った。スローの使い方、音楽はまあバカっぽいんだけどね。舞台も過激で松坂桃李がすごいという噂は聞いていたので少し期待してた。まあいいのではないですか。
Asami

Asamiの感想・評価

3.0
とにかく変態映画でした。
音が大きい。
>|