娼年の作品情報・感想・評価

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

3.5
想像以上に激しかった😇
世の中にはいろんな人がいるって思った!
松坂桃李のお尻のほくろが可愛かった!って思ってたら周りの人も映画終わったときみんなボソボソお尻のこと言ってた笑笑
ギャス

ギャスの感想・評価

3.0
映画が映画だけに笑いを誘うほどツッコミどころも満載だが、なかなか画期的なのかもしれない。
mayukko

mayukkoの感想・評価

2.0
ありがちすぎるムーディでジャジーなBGMと死ぬほどダサい地名テロップに失笑(下北→赤坂→麹町の移動なんてどうでもよい)演出が全体的にダサいし古いんだけどわざとかなぁ
濡れ場はまるでギャグ
リョウの目つきや表情の変化は流石の桃李くんでしたが、行為は全く成長してないですね…
濡れ場減らして人間ドラマの部分を濃くしてください
評価できるのは桃李くんの勇気のみ
hitomi

hitomiの感想・評価

3.0
松坂桃李と言うより
リョウ として観たかんじ。
ayakuro

ayakuroの感想・評価

3.0
松坂桃李体はりました。
原作読みたいって思った
調べたら応援上映があるって知って死ぬほどびっくりした行ってみたかった、、、、
の

のの感想・評価

3.5
映画だから仕方ないけど、もう少し濃くしてほしかった。
zaki

zakiの感想・評価

3.5
松坂桃李目当てで見るものではない。
そこにいるのは松坂桃李じゃなくて、完全にりょうでした。本当に。

思ったよりも重いテーマで ずっしりと感動した。エンドロールの余韻がすごい。
そして見る方の疲労もすごい。しんどい。
未知の世界すぎてなんだかよく分からないけど なんだかよくわかる部分もあるから感動するんだと思う。
うん、でも なんだかよく分からない。う〜ん。
ぽん

ぽんの感想・評価

2.0
.
2018🎬28
娼年
.
人の数だけ欲望は無限にある
.
.
見てしまった娼年....公開されたときはさすがに映画館でいろんな人と共に見るのはキチィ....と思ってDVD借りましたけども。いやぁ、松坂桃李よく引き受けたな??
ただのそういう映画ではないとも聞いていたし、ただの松坂桃李のそういう映画だとも聞いていたし、両方わかる(笑)
人間の欲望の形はいろいろあって。自制しながら爆発しながら生きているんだなあ。その欲望を引き出せるリョウは、人を惹きつける何か、危うさ、優しさ、冷酷さ、幼さ、いろいろあったんだろうね。登場人物はいろんな欲を抱えていたけど、えっ?こんな癖もった人いる?と思いましたオンパレード。個人的には最初の人(ヒロミさん?)がだいすき(笑)これはやばい。あと幼馴染のシーンは切なすぎて泣きそうになった、なんかいろいろこう込み上げてくるものがあった....分かるはずもないんだけど分かるような気もするメグミちゃん....
テクニック以前に心がこもっていたり相手を思いやったり、やっぱりそういうことが大事だと思ったよ(誰だよ)こういう映画見たくなって見ると、少し胸糞悪くなる癖は治りませんでした、ちゃん。
>|