娼年の作品情報・感想・評価

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.1

あらすじ

「娼年」に投稿された感想・評価

えろーい!!!語彙力失っちゃいます笑
主演が松坂桃李くんだからかろうじて美しく見える。

SEXに対してイメージが変わるような気がしました。
nanabee

nanabeeの感想・評価

2.7
原作を読んでいないのですが、もっと深刻な話かと思っていたので、あからさまなBGMでセクシーっぽく誘導されてたような後半は笑わせたいのかなと感じる所も。
近年の映画としては女優さんたちが頑張ってます。
ゆみ

ゆみの感想・評価

3.0
エロ過ぎる。松坂桃李がセクシー過ぎる。
意外に結構深い話だった。性を解放することが人生の1つの悦び。
Hewer

Hewerの感想・評価

1.8

このレビューはネタバレを含みます

松坂桃李の演技は申し分ないが、石田衣良の表現が子どもっぽすぎる。「女の欲望というジャングルに踏み込んでいった」とかいう表現バカすぎるだろ。好きな本の話でエロスの概念より、哲学者が日常的な話してる方が楽しいと主人公は言っている。それが答えじゃん。もう主人公答え出してるじゃん。謎の葛藤とセックス。どうでも良すぎる。日常を求めてるのに、普通に大学行って就職して何が楽しいんだ?とか言われても…。
娼年たちはみんな子どもっぽすぎる。子どもっぽく書いているんだろうけど、石田衣良は4teenもそうだが思春期真っ盛りみたいなバカな性の話を書くのはうまいかもしれないが、大人っぽくはない。これが大学生ですか?とか思ってしまう。大学生の設定ではあるが心は少年なんだ、と思えば納得できないこともない。
石田衣良の表現×大人な映像監督、このミスマッチ感が良くない。
いちご

いちごの感想・評価

1.5
ただただエロかった
ぽぽろ

ぽぽろの感想・評価

2.0
ちょっとこれはひどい。
中身0
桃李くんがこの作品に向き合ったことがまず凄いなっていうのと、個人的には不気味で怪しい感じの音楽の使い方はとても良かったと思います。
松坂桃李を愛でる映画でしたね。

内容は本当に薄っぺらい気がしたとゆうか。絡むシーンも痛そうな前戯で、、、、とか思いますけど、いろんな世界を知るとゆう意味では面白いかなって思ったり思わなかったり、、、、

これがいい映画かわからないけど、面白いとは言えなかったかな、
>|