娼年の作品情報・感想・評価

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.1

あらすじ

「娼年」に投稿された感想・評価

セックスセックスセックス

セックス

自分が普段あんまり性描写のある作品を観ないからその印象が強く残ってしまったのかもしれないけど、"セックス"だった。
もっと耐性があったらまた違った感じ方ができたのかもしれない…。

性欲を通して、人の欲というものの自由さや奥深さなどについて描こうとしているのかなと個人的には理解した。が、
ここまで直接的に描く必要性がいまいちわからなかった。
そして前述したように、セックスの印象が強すぎたためにこの作品が発するメッセージをうまく受け取れなかったように感じる。
もっと控えめの性描写でも強いメッセージを込めることが可能なんじゃないかと思ってしまった。

数年後、また観てみよう。
その時は、また違ったことを感じ取れるようになるかもしれないから。
松坂桃李にならぜんぜん抱かれる
電球色

電球色の感想・評価

2.6
映画としては正直微妙な出来ではある気がする
しかしながら、題材をうまく取り入れて、あらゆる「性」という欲求を直球で表現している作品である。
つぼ

つぼの感想・評価

-
かなりコメディだった。見てるテンションはタランティーノに近い。そんなによくない。
質感を出したり消したりするので松坂桃李はすごいなとおもった。
今まで松阪桃李くんに色気を感じたことは無かったけど悲しい目とか男らしさを初めて感じて松阪桃李くん的には今までのどの役よりも成長できる作品だったんじゃないかなって思った(誰目線

とりあえず新しい松阪桃李くんに遭遇できた作品。
口コミに書かれているほどベッドシーンは不自然ではなかった。だがもう少しお客様によってセックスの仕方が違っても良いのではないか。松坂桃李の演技はとても良かった。出演している俳優陣も良かった。こんな普通で良い客ばっかなん?て思ったら途中で江波杏子さん演じる変わった客がきて、テンションあがった。素晴らしい。
ちょっと最後の方酔ってて覚えてないからあとでまた観るわ!
AV!ストーリー自体は予想より面白かったけど、女性目線をもう少し入れてみてもよかったと思う。あと小指のシーンはどうしても無理で途中リタイヤでした、、
松坂桃李のAV
payako

payakoの感想・評価

3.0
ひたすらエロい。
もはや笑うくらいのシーン多め。
松坂桃李ファンにはいいのかなあ
松坂桃李が可哀想になってきた
>|