娼年の作品情報・感想・評価 - 135ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

hitomis

hitomisの感想・評価

3.6
松坂さんの素晴らしさが故に目を瞑ってしまうシーンが多過ぎたのと、どんなに身体を重ねても一生透明な松坂桃李のリョウくんに圧巻
のり

のりの感想・評価

4.6
ステキなリョウくんがスクリーンにいました。俳優さんのすごさを観た。
ペン

ペンの感想・評価

3.6
舞台版が話題になった同名小説が原作。舞台版と同じ松坂桃李主演で映画化。

松坂桃李、身体はってるなぁ…すごい。
ほんといい役者だと思いますよ、彼は。

本編の8割はセックスシーン。女性向け映画と侮るなかれ。本当にしてないのか?と疑うほど生々しい映像の連続。女優陣のおっぱいも松坂桃李の綺麗なお尻もスクリーンせましと揺れる揺れる。男女ともに目の保養になるでしょう(←アフォか)

かなり際どいテーマなので、好き嫌いは別れそうですが、私は割と好きでした。娼夫の世界も奥が深いんだなぁ…。

必見とまでは言いませんが、一見の価値はある作品です。
aknv

aknvの感想・評価

4.1
舞台を見逃しましたが、映画公開されると知ってからずっと楽しみにしていました!
御堂さんが言うセリフがグッと入ってくる瞬間が何度かあり、笑えるシーンもあったりで、観ててすごく楽しかったです!
近くの映画館では公開されていなかったのですが、少し離れた映画館まで足を運んだ甲斐があったなぁ!と思いました!
今の時代では当たり前のようにsexがあり、その人それぞれのsexがあり、感じ方や考え方かた、色々引き出すととても奥が深いなぁと思いました!!
睦司

睦司の感想・評価

3.9
邦画ではあまり見たことない類いの作品でした。過激な描写がすごく多いですがそれによって主人公が変わっていく姿がとても新鮮で面白かったです。万人受けはしなさそうですが、なにか目を離せないような魅力があります。
まーの

まーのの感想・評価

3.8
体を張った演技がすごい!
桃李くんのお尻がよく映る(笑)
SEXシーンは笑いました(笑)
ちょっとアブノーマルで疲れた。
お客が自分以外みんな女性客ww
三浦大輔監督の映画だけに妥協なしの性描写。
生々しくエグい。
俳優たち凄い。
色んな性癖、事情も絡めた大人の群像劇。

このレビューはネタバレを含みます

松坂桃李くんの捨て身の演技に胸を打たれました。挑戦なくして前進なし。

そして、ジゴロってむしろ女子に自信を与えるいい人じゃないですか。ジゴロ自身の精神的成長話でもあり、ジメジメ感なしで、ポジティブでからっとしててよい。女子に対する謙虚さとリスペクト感がフェミニズム的でもある。

性癖は自由!性の仙人並みの成熟に未来への希望を感じました(笑)
江波杏子師匠!

予想の斜め上をいく展開・カメラワークと、松坂くんの生真面目な演技の絶妙なバランス。松坂くん は本作で、イケメン界の新境地を開拓。ありがとうございますとしかいえません。今までノーチェックでしたが、応援しまーす!
ホストクラブのロゴみたいなフォントで麹町ってでてくるのめちゃくちゃ笑える。

エロくないし笑いを堪えるのも楽しかった。

評価はよくわかりません。
じぇり

じぇりの感想・評価

3.5
R18な桃李くん(1800円)には奨励賞☆5つ

*・゜゚・*:.。..。公開初日キャパ150人強完売満席の最前列にて。150人でこれをみているというその状況に笑いを禁じ得なかった。

とりあえずるんるんで予告を見ながらいただいていたビールとポテトを上映開始秒で吹き出しかけ、その後はポテトを食べるタイミングをひたすら見計らっていた。

熱海で笑って鶯谷でしっとり穏やかな気持ちに。

人のセックスを笑ってすみません❤︎