娼年の作品情報・感想・評価 - 148ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

松坂桃李はそんなに好きな役者ではなかったけど、表情と肌質がとても良かった。
ここまで自分の欲望と真剣に向き合ってくれる人がいたら好きになっちゃうな
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

2.0
8割方セックスシーンのコメディのような映画。

ほぼ全編とは言わないまでも8割方はセックスシーン、それも内容はほぼ AVネタですし、映像的にも、XXXXやXXXなんて AVでしかやっちゃいけないことでしょう(笑)。

ただ、笑えるんですよ。

多分、皆、この馬鹿げた映画をマジで作っているからだと思います。

http://www.movieimpressions.com/entry/2018/04/07/204535
深かった。濃厚だった。
リアルで生々しかった。衝撃的だった。
所々笑えるシーンもあり
おもしろかった!

ヒロミさんが一番印象に残った。
リョウの初めてのお客さんであり、
キレイで落ち着きがあって、
大人の色気が凄く素敵でした。
あの耳元で囁く言葉、
ぬひょょょょ〜🤣💗ってなりました笑

友人の恵と最後らへんのシーンでは
自分でも分からないけど観ながら、
涙が流れてしまいました。

一人一人の生き方。
いろんな人がいるなと。

そして、
出演している役者さんみんなの演技が
素晴らしかったです。
sakura

sakuraの感想・評価

-
途中、声出して笑いそうになるところがいくつか…

ピースオブケイクのオカマキャラが1番はまり役だと思ってた桃李さんが…すごい…すごいです…
原作と比べると心理描写が少なかったり、重要な箇所が省かれてたり。原作を未読だと理解が難しいかもって思いました!
shuuhey

shuuheyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

松坂桃李2時間ぶっ通しセックス
はっきり言えることは映画だからと言って、彼のAVであること以上の芸術性もエンタメ性も無いのでご注意ください。でもAV特有の引いてしまうようなプレイや体位が出てきたとき笑ってしまうあの可笑しみは漏れ無く付いてきます。
えみ

えみの感想・評価

3.0
かなり楽しみにしていた作品
というのも娼夫と聞いて陰のある男の話だとすぐイメージしていたから
もっとかわいそうな感じを期待していたからそこは期待とは違ったけど、松坂桃李めちゃくちゃよかった

普段は隠しておかないといけない欲望をそれがセックスだろうとただの会話だろうと、お金を払ってでも受け入れてほしい女の欲に共感してしまった

作品としてどうかと言われると、陳腐なところもいくつかあったけど、それを上回る松坂桃李の演技がよかった

涙を目にためてからポタリと落とす表情、前髪で目を隠して閉じこもっている雰囲気、イッた後の体の震え、それぞれの女の欲望を受け入れるときの表情、全部良かった



昔は松坂桃李って苦手だったんだけど、彼女はその名を〜のクズ男の役もものすごくよかったし、今回の作品もかなりいい演技だなぁと思ってずっと見ていた

苦手だった役者を好きになるのは初めて
meltdownko

meltdownkoの感想・評価

3.5
コミュニケーションの根底に存在するのが他人を知りたいという気持ちであるとすれば、女性はつまらない、という領の態度はすなわち断絶であろうし、コミュニケーションの純化としてのセックスにおける、AVみたいな手マンに代表されるような「手順の決まった運動」は断絶の象徴であり、相手の反応を見ていないという静香の言葉がこの映画のトーンを決定するとばかり思っていたのである。ただ、領がひとり目の客に自身の内奥を覗かされた後はひたすら相手の聞きたいことを言うだけの装置と化していたような気もして、結局のところこの映画のやりたいことは相手の求めるものにどこまで忠実であれるかのエクストリームを競っていただけのようにも見えてしまい、サービスカット以外の何を観たら良いのかいまいち判然としなかったのであった。東の手ほどきもいまいち活かされてなかった印象を受けるし、結局さいごまでAVみたいな手マンするのかよと割とがっかりした。あと射精シーンで笑いを取りに来るのずるいと思った。
松坂桃李はアップになるとやっぱ大学生と言い張るにはキツいし、誰か他にいなかったんだろうか。尻の形もかなり危うかった。
み

みの感想・評価

3.5
2018.4.7

松坂桃李ってすごいなーーーー!!と、いつも映画をみるときは感情移入してしまう私が、一歩引いたところからしか見れませんでした。でも松坂桃李はすごい。彼にしかできない役だと思います。

そして何といっても猪塚健太さんが綺麗で儚くてとてもとても美しかった………見た人の8割は彼の虜になってそう………美しい………


内容に関してはもう言わずもがなだと思うんですが、私にはなんとなしに涙が出そうになるシーンもありました。個人差、性差がありそうですが。

あと昼顔みたときも思ったけど、カップルで見にくる人はどういう気持ちなんだろ……
ずっと松坂桃李がヤってる。あの手この手色んな事してる。
原作のイメージと違う感じのキャラクターだと思ったけど……

ストーリーとしては、実際にあるであろう世界。女性との交流が多い中で、それぞれのキャラクターもたっていた。