娼年の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

もろみ

もろみの感想・評価

2.0
原作も好きで、松坂桃李さんも好きなので期待して鑑賞。
結果、セックスばっかりのAVもどきでがっかり。
折角出演する俳優さんの演技は良いのに、脚本や演出が私には合わなかった。

主人公の心理描写など適当さったらない。
セックス自体も、実際あんなにされたら痛いし気持ち良くないし。

監督は理由をつけていろんな女性がセックスしてるところを撮りたかっただけでは??と思ってしまうほど。
原作の美しい表現はどこへやら。
映るのは、男性向けAVのようなシーンばっかり。

まずは、女性向けAVを観るところから始めてほしい。

体を張ってくださった俳優さんの為にスコア2
はやて

はやての感想・評価

4.0
これは傑作ですかね。
画面の構成とかオシャレな感じ。
俳優としてこの役を演じるのはすごい経験になると思うけど松坂桃李(よくやった)じゃなければもっとアングラ的な高評価な気がするけどでも原作はビッグネームなんたよなぁ。
ストーリーはいきなり障害者ネタかと思ったら普通に娼夫になる話で今年一番のBLシーンがあってラストはなんかモテキみたいなのぶっ込んできたな、
行為シーンのリアリティは分からんけどこの世界でのリアリティなのかなぁ あと桃李のケツは役作り・・・?

このレビューはネタバレを含みます

原作既読。

昔原作を読んでいてエロかった記憶しかなくて、エロいのはわかっていたけど案の定のエロさで衝撃だった。

ここまで体張った松坂桃李がすごい。偉い。本当にお疲れ様。よく頑張った。褒めてあげたい。内容よりそこに★をあげたい。

娼婦として様々な女性と関わっていく中でたくさんセックスする訳だが、真剣に人のセックスを見てると段々とギャグに見えてきて笑ってしまった。人の欲望って滑稽。

クライマックスの静香さんと桜ちゃんのシーンは残念。光に包まれててよくわかんないし、劇中音楽の使い方がさらにギャグっぽくて
途中コメディに見えた 笑

セックスの精神的な興奮をビジュアルで表現しようとするとああなるってことなのか?んー。


周りの客がほぼ女性で
観終わった後みんな笑ってて
ざわざわしていた。

見終わった後こんなにざわざわしてた映画初めてだ。

これを見た男性の意見も知りたいけど、決して付き合いたてカップルでの鑑賞はおすすめしません。苦笑


女同士で見てセックスについて語り合うと面白いと思う。


お尻が綺麗でした♡
ツ

ツの感想・評価

3.8
内容よりも、松坂桃李がどんなシーンも頑張っていたので、この点数。
濡れ場が多すぎて見ていて疲れる。濡れ場があまりにも激しすぎて、痛くないの?大丈夫?と不安になる。
うし

うしの感想・評価

3.8
中途半端な距離感の
友人とかと観に行くと
後悔しそうな映画
松坂桃李の演技力は異常だし
役の幅が広いなぁ
超熟睡

超熟睡の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

誰からも「普通」と評される大学生の主人公。
しかし彼は、どんな人に会っても、どんなえげつない欲を目の前で丸出しにされても、退かないで受け止める。

普通であって普通を超越している、そんな主人公が頼もしく、愛おしかった。
なる

なるの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

キャスト (良い)松坂桃李良く引き受けた
演出 (?)セックス中の演出笑える
ストーリー(普通)盛り上がりとかはなし
テンポ(良い)テンポよくセックス
音楽(普通)セックス中のBGMが笑える
世界観(良い)高級娼夫派遣したい
美術(良い)部屋がいちいち綺麗 住みたい
映像(普通)街の景色、地名、リアル
要素(笑えた)何故か全くエロくない
こだわり(芸術的なセックスでも笑える)

体張った部門優勝。思った以上に笑える映画、セックスって冷静にみると笑える行為。松坂桃李が絡まったズボンを必死に脱ぎ捨ててる姿とか全然かっこよくない(松坂桃李はかっこいいけどね)

ストーリー的には年上女性を好きになる動機が薄い。母が娼婦設定いるか?それが繋がりとは?ってなる
娼夫ももっと人数出して欲しかったかなまとまりが悪くなるかな
御堂さんとも普通に関係持とうとして欲しくなかった。
痛いシーンもキツかった
じっくり考えてはみたけど価値の見出せない作品。特に情熱の試験のゴールがあれでは虚しさしかない。松坂桃李を人質に取られたから仕方がなかったという気持ち。
- - -
20180523 原作未読・未観劇
池袋HUMAXシネマズにて。
まさか、泣かされるとは思わなかった。登場人物にいちいち共感してしまい、最後ははらはらと落涙。
劇伴がうるさいなあとか、そんな前戯痛いんじゃない?とか、桃李くんすぐに変わり過ぎじゃない?とか、言いたいことはあるけれども、性と人間の愚かしさや可笑しさ、セックスをキレイに、そしてエロティックに切り取っており、何より松坂先生の腰使いに感心した。
セックスに限らず、うわべだけで、女性・・・というか、人のことを見ていないかと、考えさせられました。