娼年の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

nannanda

nannandaの感想・評価

3.7
原作読んでてめっちゃおもしろかった。あの世界観、雰囲気がちゃんと表現されててよかった。映像きれい。女性たちの隠された欲望を引き出していくリョウの魅力とは。人間全体として共通して言えることじゃないかなと。そのひとの本性を引き出し、そして受け入れる力は素敵だと思う。
hasse

hasseの感想・評価

3.8
このスコアはとぅーりのガッツに対しての星ですからね

あいや〜とぅーり、本当頑張ったな!!

松坂パディントンとぅーりからの周作さん見てからのこれはなかなかの破壊力でした

私の中で松坂さんプチ裏ブームなので、内容的に気が進まないからこそ、観るなら今だ!!って観てみたけど。

あれじゃん、愛の渦の人じゃんか監督。
愛の渦がひたすら笑ってた記憶あるんだ。そこに原作石田衣良ときたらもうね、どんなもんかと思っちゃって。


あの、地名をおしゃんなテロップで出すのなんなん。そして一々安っぽい古臭い音楽流すのなんなん。

え、でもさ1時間2万でとぅーりまつざかをお借りできるなんて最高過ぎないか??
1時間も一緒に居れるとか逆に何して良いか分からないしなんなら4万くらい払うわ。えー私だったらただにやにやして終わるんだろうなー。そら手握っただけで昇天するわ



で、女の人って普通に生きてればAV観ることなんてほぼほぼ無いわけじゃない…?…?
だもんで、これ観てたらあぁこれがAVかーって、漠然と思っちゃったんだけど。違うのかなー

後前になんかのテレビで観たけど、AVとかで流れる音って専門のおじさん達がスタジオで一生懸命身近なもの使ってわざわざ再現してるんでしょ?それを映像に被せてるんでしょ?あれ何でやってたんだっけなー。それを思い出したらもう居た堪れない気持ちになりました。

綺麗かと言われるとなんとも言えないとぅーりのお尻が良かったけどね。
5分に1回は突っ込みか笑っちゃうか、おおーまじかーーーって声に出してた所があったけど、とりあえず役者ってすげーなーって思った作品でした。

やっぱ石田衣良はIWGPですよ、まこっちゃんですって。
まどか

まどかの感想・評価

2.5
綺麗よりもリアルな感じのSEX
終盤の3人のシーンが何だこれ的な、ちゃっちー感じが残念。
mmk34

mmk34の感想・評価

3.2
原作読んでからの視聴。セックスという題材は、小説や文章で読むと、艶っぽく、艶めかしく、美しいものだったりするけれど、ひとたび生身の肉体のぶつかり合いになると、急にAV感が出てしまい、あれ?こんなにグロテスクなものだった?となってしまいがちなので、どうなるものやらとハラハラして観ていたけれど、半分は、予想通りAVになっていた。笑 でも、あと半分は、かなり原作沿いで、私が小説読みながら、頭の中に思い描いていた世界観に、かなり近いなと感じた。

本当なら、顧客の女性の一人一人の色々な背景描写が、小説ではあって、その女性達の闇が開き、リョウくんが受け止め、心が繋がり合う感覚を、セックスシーンという形で深く、絶妙に描かれているのだけれど、映画だと、ナレーション全部にそれらの描写を入れる訳にも行かず、どうしても、ただの濡れ場シーンの連続みたいになってしまってはいたけれど、松坂桃李をはじめ、出演していた俳優陣の、キャラの再現性の高さと、演技力で、雰囲気を無理やり力技で持っていって、なんとかコメディのB級映画にはならずに収まっていた。凄く、映像で再現するのが、難しい題材を、皆さんよく頑張ったと思う。

ただ、徳馬さんのシーンと、その時のサングラスかけた謎のレイプものAV男優みたいな松坂桃李は、ギャグだった笑

要所要所に、いや、ないないそれはない(笑)っていうシーンは頻発していたけれど、松坂桃李の娼年リョウの再現度はかなりのものだった。私は松坂桃李苦手だし、彼から色気を感じたことはかつて一度もないし、この映画でも、正直色気…というよりは、ちょっとこの人つまらないセックスしそう(笑)とか思っちゃったけど、とにかく映画始まった瞬間から、彼はリョウくんだった。

リョウくんは元々、ダダ漏れる色気ムンムンのセクシーガイという設定ではなく、朴訥な中に、母性本能をくすぐる、女にしか分からない、受け身な色気を持つ男、という設定なので、それをとても上手く再現していたと思う。若干早口で声裏返るあたり、オタと中二病感出てたけど笑 それはそれとして、私の中での松坂さんの俳優としての株はこの作品で、物凄く上がった。
ちょっと今まで優等生系の、色気ないイメージ強かったから、この役やって、役の幅広がって、凄く良かったと思う。

結局どのタイプの女性にもまんべんなく需要があるのは、自信満々で、自分アピールが激しい前のめりなイケメン(一応今回ホスト役の子がその立ち位置)よりも、クールで冷たそうに見えながら、実は純粋で、何でも引かずに柔軟に受け止めてくれるしなやかな優しさ持った、静かな色気が無意識に(←大事)漏れている、若干受け身系男子なんじゃないかなと、これを観ていると、モテの真髄を考えさせられた。

面白いかどうかは別として、再現度で言ったら★4つくらいはつけたい。
ずん

ずんの感想・評価

3.7
松坂桃李の官能映画。
松坂桃李のAVと聞いていたのでどんなもんだろと期待して観ましたがストーリーも予想以上に奥が深かった!

主人公リョウは高学歴大学生でありながら学校をサボり退屈な毎日を過ごし、夜はバーで働いていた。

ある晩のホストとして働く友達が連れてきた会員制ボーイズクラブのオーナー御堂静香との出会いで、娼夫として働き始める事になる…。

"女性は退屈だ"そう吐き捨てるリョウだったが、客と接していく中で女性それぞれが持つ欲望の個性や奥深さに気付き、リョウも興味を惹かれ次第に娼夫としてプロ意識を持ち始めるのだった。

劇中はほとんどセックスシーンなんだけれど、桃李くん凄過ぎるよ。ここまでリアルなエロ描写を違和感なく見せられる演技に脱帽です。

お客さんによって色んな人生があって、その人の立場に置かれた欲望というか、誰しも日常では満たされない孤独や欲求を持っていて、それを真っ直ぐさらけ出している。

それを真摯に受け止めるリョウの姿は正にプロ!

ある人は年齢を重ねても女でいたいし猛烈に求められたい、またある人は夫とのセックスレスに悩んで自信喪失している、またまたある人は〇〇を見てもらいたいフェチのある、なかなか周りに理解されない女性と色んな欲望を持った女性達は一見普通の女性なのが生々しい限りです。

またセックス出来なくなった余命僅かな夫の前で夫の思い出作りの為に乱暴風に抱いてくれという歳の離れた夫婦。この人達に至っては茶番だったなんて…人間てなんて愉快で面白いんだ。笑

他にも色んな女性が出てきます。笑

そんな歳の離れた女性を受け入れられるのはリョウの生い立ちにあると本人は自覚しているように言う。

私はリョウが女性に求められる事で、リョウ自身も亡き母から受けられなかった愛情を埋めているかのように感じました。

また男性は性的欲求に対して女性よりもオープンだけれど、女性もまた男性と同じように欲望を秘めている同じ人間なんだってことを提唱しているように思いました。

ラストに来る、オーナー御堂静香の衝撃の事実。
劇中のセックスシーンでもこれでもかと言うくらい避妊のシーンがあったので、病気に対する警鐘にも感じました。

ちょっと深読みし過ぎたかな?笑
何はともあれ松坂桃李ファンの方必見の作品です!
終始、耽美な描写が多い映画でした。
結構、激しいベッドシーンが多く主演の松坂桃李くんの演技には驚きました。

ストーリーは私は好きでした。
他にも探れば訳ありの女性、性癖などいるのかな~
その後…が気になりますね。
エイジ

エイジの感想・評価

3.3
原作読んでるからね、チェックしてみた。

映画の方がエロい。

いろいろ不満は多々あるが、この話をこんなタッチで描くのは合っていると思った。なんか、バードイルド映画のようなノリだったから。

でも、後半ちょっとシラけたな😅

原作の領くんはシニカルだったけどこんなに暗くはなかったと思う
映画の領くんはオドオドしすぎだし
娼夫になるまでがちょいと説得力なし
領くんやってる時に声出しすぎ
領くん泣きすぎ
以上原作との違和感でした
ASU

ASUの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

松坂桃李が女性を快楽に導くのかな〜という思い込みで鑑賞したが、思いのほか桃李が感じていた(笑)

作中にもあったが普通の青年として松坂桃李を主演にしたのは正解だったような気がする。
凄くかっこいい訳ではないけど色気のある俳優。

内容はなく、ほぼAV。
綺麗に見せる訳ではなくリアルなセックスシーンにこだわったのか、誰を抱いても同じガシガシしたテクニック。
桃李の癖が出ていないことを祈る(笑)

話してるだけでおばぁちゃんがイッちゃうシーンや、最後の静香さんとのバーチャルセックスのシーン、ちょっとがっかり。

それにしても、松坂桃李は身体はったな。
sakae

sakaeの感想・評価

3.5
色々な意味で大変な作品だっただろうなーと。
これはどんな受け方ををするかによって180度変わってしまう話。
それは人それぞれで良くて。
私は滑稽だなーとか思いながらも、沢山の人生とその価値のことを考えました。
あとは、ただの興味本位ですな。笑
AVっぽい文学でなく文学っぽいAVだ
音がクリアで近くて生々しい
マザコンちゃんと治療してくれ