娼年の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.8
根強い人気に根負けして鑑賞。上映後、女性のざわつく声が聞こえる、痛快セックスヒーロームービー、だったかな。

謎の女性・御堂静香がボスを務める犯罪組織「パッション」に改造され、我らが男のスーパーヒーロー、“ショーマン”となったリョウがあらゆる技を駆使して敵を倒す、じゃなかった、どんな欲望を持つ女性でもイカセまくる話(ただしノーマル担当で、アブノーマル担当には別のヒーローがいる)。

ショーマン・リョウの武器は強さ、知性、優しさ、粗暴さ、苦悩、そしてアレのテクニックなどなど。トラウマによって身につけたフェロモンに年上女性もメロメロで、1人の例外もなく彼の軍門に下っていく。

そしてラスボスとの対決を迎えるが、何故か妙なことになり…。仕方なく、別の手で攻めようとするショーマンの前に、お呼びでない憎たらしい敵が襲いかかってきて行く手を阻むと、怒りに震えるショーマンは、最強にして最も派手な必殺技で完膚なきまでに打ちのめす。もうね、いろんな意味でスッキリ、みたいな。

さて、お待ちかねのラスボス対決はというと、敵の強固なバリアーの前にさすがのショーマンもお手上げかと思いきや、これまた敵に触れずとも倒す、みたいな神業を繰り出し完勝。

凄いぞ我らがショーマン、ヤツに倒せない相手はいない、一体何者なんだ、と思っていると彼自身も知らない秘密が明かされるという親切設計。かくしてリョウは、女性の欲望を満たすことで社会の秩序と平和を守るスーパーヒーロー、ショーマンとして戦い続けるのであった。

おしまい。

●物語(50%×4.0):2.00
・一瞬、成長ものかなと思ったけれどヒーローもので、面白かった。さらに奇抜な欲望を持つ新たな敵やアブノーマル担当のヒーローが相手をする敵とかと戦う続編が観たいかも。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・次回作は是非、大物女優を起用してもらいたい。

●画、音、音楽(20%×3.5):0.70
・都会の夜はジャズだね。
stk

stkの感想・評価

3.6
まじとんでもない
途中どうしようもなく笑ってしまうシーンがあり人が少ない劇場で良かったと思いました
うみ

うみの感想・評価

5.0
松坂桃李に☆5つ!!
ただわたし好みのえろさではなく
もはや(笑)となる画が残念やった、
けど女性に寄り添っていくというテーマはよかったし、わたしもそれぞれの女性のそれぞれの考えを大切に思った~
さらに松坂桃李の真剣な表情がすごくよかった、心動いた
mizgoroh

mizgorohの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

脚本:3
題材:5
人物:5
演出:4
映像:4
音楽:3

総評:4.0
----------

女性の性的欲求について、とても質の高い考察がしてあった。
欲求と共存する悩ましさがしっかり描かれている。

それゆえに、話のまとめ方が駆け足で少し雑な印象を受けた。
主人公と静香さん達の関係を運命付けることの必要性をあまり感じない。バックグラウンドとしてあったとしても、赤裸々に説明しなくてもよかったかも?
メグミ以降のシーンをもっとストーリーとして深めてくれれば、脚本としての満足感が上がったはず。
リョウの過去についての描写はとても良かった。話の展開としてそれがないと、リョウの行動(決断)に疑問が生まれるので、そこは納得いくよう作られていた。


もはやギャグシーンで、笑ってしまう場面が多かったけど、慣れてくるとそれも味だと思えてきてしまった。狂っている。
個人的にはヒロミさんとのデートが一番好きな回だった。少ない言葉でスマートに関係を持つのがナイス。


松坂桃李のセックスシーン、「彼女がその名を知らない鳥たち」ではどこか不自然に感じたが、今回それはなくて、うまい演出だったと思う。


ただヤってるだけだけでなく、ちゃんと中身を見れば性についてのアプローチがしっかりしている作品。予想外に良かった。
羊飼い

羊飼いの感想・評価

3.5
ちょっと噂になってたので観に行ってみた。
松坂桃李がいろんな女を抱くのを天井とか壁視点で見るみたいな感じ。

色んなやばい女が出てくるけど観てるうちに愛おしくなってくるから不思議。松坂桃李ファンの方が観てどう思うのかが気になる。
mm

mmの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

サブタイトル付けるなら「娼年〜人のセックスを笑うな〜」です
和太鼓ドンドンドンドン!!!(BGM:松坂桃李の喘ぎ)みたいなとこが1番よかった
み

みの感想・評価

3.6
女性の欲望は愛おしいな〜と思う
あんなに生々しいセックス何度も見せられたらもはや笑うしかない。
西岡徳馬さすが!仕事選ばないプロや!
ぽん

ぽんの感想・評価

3.5
松坂桃李さん素晴らしいのひと言。かなりの衝撃作でしたが、一番の衝撃は周りがほぼ女性だったことです。予想以上の濡れ場シーンなので、一人で観に行くのが安全だと思いました。笑
「三浦大輔の作品」という認識に重きを置いていたので特に違和感なく見られたけど、松坂桃李目当ての人はどうだったんだろう。

何かの映画で、「女性の欲望(快楽だったかな?)は、男性の何倍も強くて深い」と言っていたのを思い出した。

身体を重ねるということは、特別なことでもあり、日常の一部でもあり、素晴らしくもあり、くだらなくもある。見終わったあと、そんなことを考えた。
りん

りんの感想・評価

2.7
ただ、ただ、ひたすらやりまくりの映画だったけど、なんか笑えた。笑

帰りにあんな笑いながら友達と映画館出たの初めてかもしれない。笑

あとは、松坂桃李のお尻がとっても綺麗でした。