娼年の作品情報・感想・評価・動画配信 - 530ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.1

あらすじ

「娼年」に投稿された感想・評価

ez

ezの感想・評価

3.5
3/12 完成披露上映会
原作既読、舞台未鑑賞

冒頭、リョウが劇中唯一“森中領”としてセックスをするシーンで、相手の女の爪がぎらぎらと下品に光っていたところから『娼年』の世界に引き込まれる。
光と陰の演出がとても丁寧で官能的で、うまくモザイクを避けて撮影されていてよかった。

リョウを買う女性たちは皆美しく魅力的であるのにも関わらず、全員が心のどこかにからっぽな部分がある。
リョウと体を重ねることで、同じく空っぽであったリョウによって様々な欲が満たされてゆく。

舞台では全員が観ることができなかったであろう細かな表情や息遣いがスクリーンから伝わってきた。
ぜひ、原作の『娼年』『逝年』を読んでから、または映画を観てから、触れてみてほしい。
shiori

shioriの感想・評価

-
こちらで完成披露試写会に招待していただきました。
とても久しぶりの完成披露試写でとてもワクワクしました!
フィルマークス様ありがとうございます。

しかし、当てて頂きながら申し訳ないですが
非常に中身のない映画でびっくり致しました。
評価はゼロに等しいです。

多分、というか2018年ワースト1位になるであろうと思います。

最初は良かったです。
主人公のリョウが人間に興味がなく、
相手への愛が間違いなく無く、
欲もしくはストレスや暇を解消するためだけに女性との行為におよぶ。

それを御堂静香という人物に出会い娼婦(娼年)になり
その仕事を通して生身の女性、人と向き合い
人というものを知り自分をも成長させていく。

また、これだけ女性が登場するので、
女性の性の解放もテーマになるのでは、
いや脚本次第ではなるはずだろうが酷い出来。

オムニバスのようにきっちり区切られてはいないものの
オムニバスのように依頼主は登場し行為に及ぶが
1人1人時間を取っている割には女性の背景の描き方が薄すぎて、
だからなんなんだ。という感想しかでてこないし行為の前後もどんな気持ちかなど置いてきぼりで結局、男性目線のアダルトビデオと一緒だ。

この映画の売りになっている過激なシーン。
これもキスからの胸愛撫、からの下半身と同じパターンが多くて退屈だ。
喘ぎ声1つだって演技は出来るはずだが皆単調でつまらない。
途中からはいはい、またですか?と萎える。
有名な女優じゃなきゃやってくれないから
新日活女優とも言うべき女優を人選したんだろうけど、
脱げるで人選したのならなおさら本物のAV女優を使った方がよかったんじゃない?
という演技レベル。

桃李くん過激な演技すごーい、
ここまで過激なのなかなかないでしょーって普通にあります。
大体、松坂桃李さん別にここまでやらなくても演技がうまいのは承知です。
だからこそこんなことをして演技派が演技派ぶるような事をしない方が良かった。

この映画で良かった点は真飛聖と御堂静香の存在だけかな。
のの

ののの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

娼夫のお話だと身構えていても、かなり衝撃を受けて冒頭20分くらい内容が頭に入ってきませんでした。予想よりかなり生々しかったです。

松坂さんの涙はとても美しく、繊細な心の動きを丁寧に演じられていました。ただ、全体的に官能描写の時間が長く感じたので、もう少し官能描写以外のお話の部分を見たかったです。

とはいえ、役者さん達の演技には本当に脱帽です。オファーを受けるのも演じるのも大変だったと思いますが、皆様さすがの美しさでした。このような作品は今後もなかなか作るのは難しいと思うので、映画館で見られたのは非常に貴重な体験になりました。

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃえろい、AV かと思った

主人公がどうして成長したのかよくわからなかったのが残念
だって初めから女性に対して上手く立ち回れていたもん、
それじゃ「女性なんてつまらない」なんてところから「女性って素晴らしい」って感情まで変化しにくいと思うなー
天性の娼婦ってことだったのかなー
ちょっともやっと。
BLACKMICKY

BLACKMICKYの感想・評価

2.5
無気力な青年が、女性と関わっていくことで活き活きとしていく過程が生々しかった。領を買って癒されていく女性たちがみんな素敵。領と静香の関係が好き。
ぴな

ぴなの感想・評価

3.7
舞台未見で悔しい思いをしたため、映画化と聞いて小躍りしながら待っていた作品。

改めて松坂桃李ってスゴいなと。
R15版はボカシいる??って感じだったけど。
女性達それぞれが独立した物語になっているのもいいし、ユキのシーンは切なかったなぁ。
要はマザコン的な部分を抱えているわけだけど、誰もが抱えている欲望や悩みと向き合い、受け入れていくリョウみたいな人はそうそういないでしょ、ともツッコミたい。

どうしても受け付けない設定が。
仕事とは言え、娘のSEXを見る母親、自分のSEXを見せる娘、の構図は無理すぎて、ちょっと・・・無理・・・

松坂桃李ファンには色んな意味でたまらない作品であることは間違いない。
そして、ほとんどの女性の心もザワつかせるであろうかと。
男性から観たらどうなんだろう??

もともと俳優として好きだった松坂桃李だけど、虎狼の血と娼年の振り幅でますますこれからの期待値が高まる。

このレビューはネタバレを含みます

完成披露試写会。松坂桃李くんと女優さんたちが、セックスも人間の営みの一つとして怯むことなくカメラの前に立ち、堂々と演じきった潔さに脱帽です。

最初は絡みと喘ぎばかりで飽きるかと思いましたが、女性たちとのエピソードがいちいち面白く、また、娼夫として上手になりのし上がり成長していく、というストーリーは最後まで飽きることなく観ることができました。

同級生の子はリョウのことが好きで好きで最後プロのテクニックで抱いてもらえましたが、それは激しく切ないセックスでした。昼間の子だけど実はカラダの反応はすごいというのも面白かった…愛があるからかな。
あとアズマとの絡みも忘れないシーンです。

一日経って演じた女優さん俳優さんのwiki見たりしています。時間経ってズシンときてます。
chihiro

chihiroの感想・評価

2.9
原作未読、舞台未鑑賞。
松坂桃李の体当たりの演技は高評価。ここまでしちゃいますか!と、衝撃。
完全にR-18です!
最初と最後のリョウの顔つき、変わっていました。

ただ内容としては、ひたすら性描写が続くばかりで後半飽きました。真剣なのか、笑っていいのか分からないシーンもあって困惑。リョウの魅力もいまいち分からなかった。
女性の欲望がテーマ?なのだろうけど、私には男性目線の願望に見えた。まぁ、こんな世界もあるんだろうね。
私の人生経験の浅さなのか、
読み取る力が足りないのか、、、

鑑賞後に、原作のあらすじを読んでみたら
映画では分からなかった事が分かったので、小説を読んでから観た方がいいのだと思う。
完成披露試写会にて。
原作未読、舞台も未見。ファンの方々には申し訳ないが、正直に言うと僕の中には衝撃は走らなかった。
主人公領を演じた松坂桃李の迫真の演技に見応えがあったが、観ているうちに段々と飽きを感じるようになった。個人的には話全体を通しての主人公の成長よりも、前半パートあたりの主人公の異端感が好きだった。鑑賞前に出演者、監督の話を聞いたので細かなところまでこだわっているのだなということはすごく伝わってきた。
つまらないわけではないが、特別面白いわけでもない。
本物の松坂桃李はかっこよかった、、。
わんこ

わんこの感想・評価

5.0
完成披露試写会にて。
始めのシーンからかなり衝撃的なものでした。予告から官能的なシーンが多く続くのかなと思っておりましたが、そのような場面よりも、松坂さん含めて色々な女優さん方達一人一人が持つ物語に凄く心惹かれました。
人間として生きてく上で誰もが抱いている欲や価値観には多様性があると知り、その多様な欲を受け止めてくれる存在がいる事で、女性はより美しく生きてくことができるのかなと思いました。
その中でも娼婦という存在を否定する女の子の意見は、社会からの一般的な意見でもあるのかなと思いました。
官能的な作品でしたが、松坂桃李さんの演技は1つ1つの行為にとても品があり美しく儚さもあり、あそこまで体当たりでお芝居をされていて凄く尊敬しました。
特に松坂桃李さんは目の演技がとても素敵です。あの視線には誰もが引き込まれてしまいそうになります。
是非一度、男性にも女性にも見て欲しい作品です。