娼年の作品情報・感想・評価 - 6ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

松坂桃李さんの闇と色気とお尻が詰まった映画。
主人公の娼夫前と後の差がとても突然で、びっくりした。ほかにもびっくりするシーンがあり、ついつい笑ってしまった。それ以外は描写がきれいで嫌な感じはしなかった。愛と性と母が詰まってきた。
すべての女優さんたちと西岡徳馬さん、松坂桃李さんの体当たり演技に圧倒。松坂さん、色気と狂気と闇と哀愁など独特の雰囲気持ってるなあ。次は何に出るのか楽しみ。ますます色っぽくなりそう。
sato

satoの感想・評価

2.2
演技じみてたし、台詞も描写もわざとらしいものばかりで観てて辛い瞬間があった。

そういう演出だったのかも知れませんが...

音楽が特にシーンに合ってない気がしてやかましく感じた。

役者さん達の体当たりの演技はとても良かったです。
summer

summerの感想・評価

3.0
欲望って奥深いですね〜。
俳優さん達の頑張りはとても感じるのですが、やはり見ていて楽しめるってものでは無いですね…
すの

すのの感想・評価

3.2
西岡徳馬にあげたい好プレー賞。
あと主人公の名字もあかんかった。

人間ドラマ的なものは予測通りというか、期待を超えるものはなかったかな、、

世の中には色んな性癖の人がいて日頃誰にも言えないような癖を受け止めてくれる存在は大きいのかも。
ohchiyo

ohchiyoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

めぐみとリョウのセックスシーン、泣いてしまった。めぐみのリョウへの片想いと、リョウの友人めぐみへの愛情が絶妙に交差して切なくて。2人の、こんなはずじゃなかったのに、っていう感じが。

誰なの、これがセックスだけの映画って言ったの。

ただ後半の静香さんとさくらとリョウの謎の幻想シーンは好きじゃなかったな。

セックスシーンは敢えて乱暴な手つきにしてるんだろうけど、もっとリアルにゆっくりねっとりした感じにしても良かったんじゃないかしら。もっと生々しくしてほしかったな。

老人と若妻のシーンは笑っちゃったね。狙い過ぎだけど笑

それにしても出てくる女優さんみんな色気あって素敵だった。。
冨手ちゃん、園子温監督のアンチポルノからのヴァンパイアホテルで好きになったけど、やっぱり一押し女優さんやわ。

p.s.三浦大輔監督作品は絶対に劇場で観たい派。
Tutti

Tuttiの感想・評価

3.5
思ったよりもちゃんと映画だったなという感じ。

「普通ね」と何回も言われていたし、普通とか常識とかそういった価値観の問題が根本的なテーマだったように思われ。
石田衣良さん好きだしね、価値観の概念テーマ。
濡れ場が何パターンかあったけど、どれも性癖というか抱えているものが違うくて、そこを描きたかったんだろうなと。

全体を通して主人公も成長。
濡れ場のランク的なものから人間の中身のようなものまで。服もだんだん高くなっていってて細かい。髪型も大人っぽくなっていく。
娼年ね、なるほど。スタートが少年なんだよね。

スーツ脱ぎ捨てる松坂桃李is最高ですわ。
わけ

わけの感想・評価

3.3
笑いを誘うようなシーンもあったけど、笑うべきなのか微妙でした。心の中で乾いた笑いが出ました。
まー

まーの感想・評価

3.4
松坂桃李、何故そこまでやるのー!?って思うけど。
カッコよくてエロくて良かった。
あまりにセックスシーンが多くて途中で飽きてきた。絶対笑わそうとしてるなっていうシーンもいくつかあった。
ストーリー性は特にない。
AYA

AYAの感想・評価

1.7
女性ひとりひとり性の嗜好があって、そんな恥ずかしいところもリョウくんには見せちゃって、「女性って奥が深い!セックスってもっと女性にエクスタシィ感じさせてこそ楽しいものなんだ!」ってリョウが気付いて………っていう作品だと思ったんですが、なんか結局見てても気持ちがいいものではなくてがっかり。

原作は綺麗なエロでよかったのに。

男性監督ではなく女性監督が撮ったものが見てみたくなった。

一言でいうと、おしり。
やっと松坂桃李くんのお尻観れた(^O^)/
様々な女性の抱えている内面を松坂桃李くんが癒していく少年の話でした。