娼年の作品情報・感想・評価・動画配信 - 737ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.0

あらすじ

「娼年」に投稿された感想・評価

みや氏

みや氏の感想・評価

4.0
今まで見た映画の中で1番衝撃的でした。目や耳を覆いたくなる場面ばかり。

感想を沢山話したいが話す言葉が出てきません。
映像が綺麗、色が綺麗、ズームや出演者の演技以外の周りの環境や映像、様々な演出でそれぞれの感情や心の変化が演技している方の表情や行動を見なくとも伝わる。

正直共感出来ないし何を伝えたいかは分からない。でも凄く勇気や元気を貰えました。凄く疲れるけど爽快感もある。

日本映画がいい意味で変わっていく成長していくきっかけになる映画だと思う。

三浦監督、松坂桃李さんをはじめ出演者の方には精一杯の拍手とお疲れ様でしたを送りたいです。

完成披露試写会に招待頂き有難うございました。
りい

りいの感想・評価

4.0
こんなにも感想が一言にまとまらない、まとめてはいけないと感じる映画に出会ったのは初めてです。

娼年は舞台も観劇しており、大筋はなんとなく予想はしていたのですが、映画を見終えてまず、知らない世界に連れてこられたようなお話だな、と感じました。様々な女性がいて、様々な性癖があり、性描写もセクシーとは感じるけれど、嫌らしいと思う瞬間は全くなく。でもただ、ただの仕事としてではなく愛を感じて、少しではありますが「娼夫」という知らない世界のお仕事を少し理解してしまったような自分がいます。

映画史に残るような衝撃的なシーンの数々でしたが、そこに愛の美しさや尊さ、儚さが込められていて受け取るものがたくさんありました。
舞台とは違う描写や演出、映画ならではの音の良さでリアリティに感じる部分もたくさんあり、舞台を見た人も見てない人も「愛」についての考え方が変わる、そんな作品だと思います。
わたしもリョウのような男の人に出会ってみたいと思いました。鑑賞後、心地よい疲れに包まれました。
みく

みくの感想・評価

3.1
完成披露試写会を見に行きました。
舞台挨拶では、松坂桃李さんがストイックに気持ちでこの映画に取り組んでいたとのこと。
映画は娼年である主人公が女性の欲望を引き出しながら、主人公自身も成長していくと感じですが、絡みのシーンはかなり激しいので、とても刺激を受けました。お陰様?で、最後まで寝落ちすることなく、鑑賞出来ました。
男女で観に行くより、1人もしくは同性同士で観るのは良いかと思います。
2年前、娼年の舞台があったようで、映画のように刺激的だったのか、気になります。
桃理

桃理の感想・評価

4.0
衝撃的すぎる…
舞台版を観ていたとしても、違う演出で艶めかしい…

賛否両論ある作品。
でも今までにないくらい挑戦作。

しばらく余韻が抜けなさそうです…
koma

komaの感想・評価

4.0
衝撃的作品でした。
三浦監督の作品なので、凄そうだなとは思って覚悟して観に行ったのですが、想像以上で正直ビックリしました。
これぞ、R18か!という感じ。
記憶にガツンと残るような作品でした。
ただ、賛否両論でそうだなと思います。
原作を読んでいるので登場人物たちの深い部分も自分なりに理解した上で鑑賞できたので、こういうこと表してるんだな、と思いながら見たのですが、原作未読だと完全には伝わらない部分もあるのかなと思います。
主演の松坂桃李さんはもちろん、出演されている方々の俳優魂を感じる映画です。
せいけ

せいけの感想・評価

4.8
間違いなく日本映画史に残る事件
リョウが娼夫のやりがいを感じていく過程がよかったと思う
これほど性描写を美しく感じる映画は初めてかもしれない
無気力さと包容力、躍動感を表現した松坂桃李さんの演技素晴らしかった
西岡徳馬さんのシーンは思い切り笑わせてもらったw
えっコメディなの?シリアスなドラマなの?どっち?舞台の方が面白かったな…でも音楽はすごく好き。
wahdee

wahdeeの感想・評価

5.0
何回観ても観たりない作品です。松坂桃李演じる森中領。無気力な眼をした学生が、娼夫として女性のさまざまな欲望を目の当たりにしていくうちに、これぞ天職!とばかりに眼に生気が宿り、活き活きとした眼になっていきます。この眼の演技だけでもすごいのに、女性たちとの交わり方にも変化が見られます。作品の大部分が濡れ場シーンで確かに衝撃的ではありますが、桃李くんが言っていたように冒頭の15分位で慣れました(笑)
それに三浦監督がセックスエンターテイメントと仰っていたように、笑えるシーンも多く楽しめます。
でも何よりリョウくんの流す涙が美しい!幼い子供のように泣きじゃくったり、静かにはらはらと流す涙。どれもこれも綺麗です。既に4回鑑賞しましたが、まだまだ観に行く気まんまんです!
華

華の感想・評価

5.0
期待大です!
松坂桃李さんが、ギリギリの精神状態に追い込まれながら、魂削って演じた森中領に早く会いたいです。

このレビューはネタバレを含みます

ほぼ全員ベットシーンがあるのにエロくない.セックスがうまくならない,マザコンボーイの話し.コントとしてや観ると少し面白い.

あなたにおすすめの記事