ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男の作品情報・感想・評価

「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」に投稿された感想・評価

kyon

kyonの感想・評価

4.0
まさに”ファブリックと花を愛する男”。

90年代から巻き起こったハイブランドの買収ブーム。
それによって今ハイブランドのほとんどはグループ企業化し、めまぐるしい産業システムのスピードに限界を感じていそうな雰囲気。

ドリスはなかでも買収されずに独自のシステムでやっている数少ないデザイナーだから今回ドキュメンタリー化されたのかな。

ドリスのいくつかのコレクションに対するドリスのインタビューといくつかのコレクションに密着した制作背景のドキュメントで、これもファッションについて考えさせられる作品でドキドキした。

見ていてドリスは穏やかな人柄で、冷静に誠実に自分の考えを話しているからそれだけで彼の世界に引き込まれる。デザイナーの色も含めたブランドとして愛されているんだろうなってドリス本人の姿を見ていてつくづく思う。

たくさんのファブリックの中からサンプルを150以上アップしてそこから70〜80に絞る方法や、色々な布地を重ね合わせて見るところにわくわくが止まらない。あれ?って思う組み合わせが調和して、さらにモデルが着るとこれ!になる過程を見る面白さ。

とにかくドリスは見て考えるタイプのデザイナーなんだなと。
本人も話していたけど、デザイン画とかよりも、まずはストーリーや背景から考えていくって言っていて、中でもマリリン使ったジャケットとかセレブがテーマのコレクションとかどこか非日常にみえて日常に馴染む、そんなデザインなんだね。

ファッションっていう言葉が嫌いで、もっとタイムレスで、着る人とともに成長し、色々なテイストに馴染む服を作りたい、って話すドリス。
その姿勢の通り、彼はインドに自分の刺繍アトリエを作って、雇ったインド人をきちんと雇用して仕事を与えて守ろうとしている。

一過性の、どこかの過程で誰かが無理をするような産業のあり方ではなくて、自分の範囲で可能なやり方で産業含めてブランドを回しているところに敬意を払いたい。

産業と創作のバランスを取ろうとしているデザイナーとしてファッション業界で大切な人であってほしい。

彼のパートナーや、自宅、ガーデン、暮らしを見ていて幸せになれるのもこの作品のおすすめポイント。
kiki

kikiの感想・評価

3.8
作り出す服はもちろんアトリエから自宅まで
何もかもにドリスのセンスが溢れていました。

周りの人たちとの関係性、ブランドの未来
自分の造るものに対する姿勢や考え方
決してブレずに向き合う姿がとても素敵でした。

メンズ・レディースどちらの洋服も圧感です。
as

asの感想・評価

4.0
色と形への情熱と、優れたセンスを感じた。メンズ服がカッコいいんだよなあ。ずっと見てたい。
M

Mの感想・評価

4.0
マリリンの生地使ってた時のコレクションのシーン鳥肌たった。
ドリスみたいな生き方かっこいい

このレビューはネタバレを含みます

ドリス・ヴァン・ノッテンというブランド名を私がよく耳にするように(目に留まるように)なったのは恥ずかしながらこの2-3年の話で、それまでは全く知らなかった。映画を観て、自分が思っていたよりもはるか昔から評価を得ていたことなどを知った。自分が気になった時に、インターネットで調べたりしていたが、正直その良さはあまりピンときていなかった(メンズ服は割と色気があり、レディース服は花や植物の柄がよく使われ、びらびらとしたドレスと言うよりはややカジュアルな形のものが多く、生地は薄手のものが多く繊細な感じだなぁ位の印象)。

しかし、今回映画を観てどハマりした。なんでこんなに素敵なブランドを長らく知らなかったのだろう。ただサラサラとスマホの画面でショーの画像を見るだけでは、このブランドの服の本当の良さはわからないと思う。とにかく制作ポリシーが素敵だと思った。そして全てが違和感なく自然な感じ(商業に寄り過ぎず、でもちゃんとモードな感じ)がした。映画自体もファッションドキュメンタリーにあるようなうるささがなく、静かに淡々と、けれど寂しいどころか満たされるような気持ちで観た。現代に稀有なものづくりの仕方、仕事の仕方だからこそ、最近このブランドの名前をよく耳にするようになったのではないかと思った。

本人が語る言葉の一つ一つ全て(そして常にフレキシブルで落ち着きがあり、ユーモアのある姿)が印象的だった。2005年のディナーテーブルの上をランウェイとするショー(観客は下から見上げるようにして見る)や、マリリンにインスピレーションを得たショーの招待状に印刷ではなく一個一個キスマークを付けていたこと、自宅での佇まいとデザイナーとしての佇まいが異なること、なども印象的だった。
2019/06/09#020
emi

emiの感想・評価

3.0
服飾デザイナーというと華やかでエキセントリックなイメージがあるが、この人はとても職人的で物静かでストイックだ。彼の自宅の装飾と庭園が素晴らしくてため息が出る。彼ほど地位を確立したデザイナーであっても1年の休みも取れないとは、この業界の厳しさが窺える。
2019 103本目
rie

rieの感想・評価

5.0
ドキュメンタリー。滅多に見られないその人となりが見られたこと、素晴らしいショーと洋服ができるまでを見せて下さったことが嬉しすぎてスコアファイブです。

見事な庭からバッサバサと切ってきた花たちを飾るところや、料理に使われる食材、スタイリング写真や、テキスタイルを俯瞰してみる感じ、全てがランウェイの残像のように奥行きを持たせてくれました。
マリリンモンローのショー良かったなあ。毎回、恋人とキスするところも素敵。
>|