ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」に投稿された感想・評価

AT犬

AT犬の感想・評価

4.0
素材や柄の組み合わせで奇抜さを演出してる印象が強いドリスヴァンノッテンの服だけど、それを作る本人は一見普通のおじさん然としてるのが良かった。

"タイムレス"という言葉や、
「様々な時代や文化文明も彼にとっては全て今あるもの」という発言にかなりハッとさせられた…

オフのシーンで庭の花を沢山摘んで次々と花瓶に生けており、普通のおじさんがカラフルな花々でワサワサになってる様子がチャーミングで素敵。
ファッションのドキュメント映画の中では飛び抜けて地味に感じた。豪邸に住んでたり、華やかなショーの様子は映るけど構成としてはかなり平坦。特別なドラマは無いけど、それがとても良いと思える作品だった。
A17211

A17211の感想・評価

3.0
服作りは生地の組み合わせの延長線上にゴールがある。
ベルギー人。本人ゲイ。アトリエカッコいい。
uematsu

uematsuの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーの中でかなり好きな映画でした

ドリスの美意識やら服への想いがかっこよかった
すっごい几帳面でびっくりしたけど、異常くらいじゃないとこの仕事は務まらないですよね。。
RINA

RINAの感想・評価

4.2
最強のエンドロールだな
Xi

Xiの感想・評価

3.6
華やかなショーの舞台裏を見るのが大好きだ。完成するまでの試行錯誤、膨大な数の人が関わり出来上がっていく様。フィナーレでモデルが一斉に歩いて来て、デザイナーが登場して鳴り止まない拍手、あぁ完成したーという充実感に満ちたこの瞬間が一番好き。
でもドリスはあっさりしてるんだよね、ちょっと登場してサッと引き返す。デザイナーって言うとイメージするのが奇抜な人だけど、落ち着いてて物静かで見た目も普通だから親近感が湧く。
広い庭に色とりどりの花が素敵すぎる〜
あや

あやの感想・評価

4.0
基本的ににこやかかつおだやかで親しみ深さを感じさせておいて、宮殿のお庭ですか?ばりの素敵ガーデンやらたくさんの素敵家具やらをばんばーん!と見せられて、あ、勝手に親しみ感じてすみませんてなる いい意味で本気の苦悩を感じさせられず、それが彼のすごさを際立たせている気がする
気になっていてやっと観たけど、良かった‥。

ドリスの印象的で品のあるテキスタイルやデザインは一見優雅でありながらも、ものづくりに対する強い信念を感じるライフスタイルや身近なお花たちから生まれていて、その生活は決して楽ではないだろうけど、とても魅力的。

思慮深い言葉からは孤高な人間性も感じとれるけど、それは着る人のことを考えているからこそで、度々刺さるものがある。

控えめな振る舞いのなかに情熱さを秘めていて、ものづくりを愛している人なんだなと思った。
ドリスのお洋服がもっと好きになり、手に取って感じたくなるドキュメンタリーでした。
湖土

湖土の感想・評価

3.0
お花きれい
>|