映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~の作品情報・感想・評価

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~2018年製作の映画)

上映日:2018年04月13日

製作国:

ジャンル:

3.5

あらすじ

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」に投稿された感想・評価

John

Johnの感想・評価

4.2
毎年笑わせてくれて泣かせてくれる劇場版シリーズ第26弾。
予告の時点ではあまり引かれなくて久々に劇場スルーしてDVDで初鑑賞。
見終わったあと思ったのは、映画館で見なかったことが本当に悔やまれる。

今回のテーマはカンフー。
なぜか知らないがいつのまにかカンフーを習っていたマサオくんを追っかけてチャイナタウンを訪れた春日部防衛隊御一行。
そのまま一緒にカンフーを習うことにしたしんちゃん達は、麻薬のようなラーメンとそのラーメンを使って悪事を働く悪者達の陰謀に巻き込まれながらも立ち向かって行く。というお話。

今回のMVPは間違いなくマサオくんと風間くんだ
この2人に泣かされる日が来るなんて思ってもいなかった。
もちろんしんちゃんはいつも通りやるとき
やるいい男だし、ヒロインもしんちゃんと似たような陽気なキャラで劇場版で3本の指に入るくらいのお気に入り。

正直、小さい頃からカンフー映画をいろいろ見て来たからこそ楽しめたところがあると思うので、カンフー映画をそんなに見てない人にはあまり刺さらないかもしれない。
でも二転三転する展開、特に後半ある場所から帰って来てからは、今まであまりない展開で悶えてしまった。

今回の一番のテーマ、正義とは。そして、スパイダーマンでベンおじさんも言ってらっしゃいました
「大いなる力には大いなる責任が伴う」
この難しいテーマをどうするのかと思いきや、しんちゃんらしい素敵なまとめ方で清々しい気持ちで見終われました。

そして今回出た名台詞
「オラ達、◯◯の正義をやっつけに来ました!」こんなかっこいいこと言える幼稚園児はどこを探してもしんのすけくらいではないかと。
ギャグがつまらなすぎでしたが、結構笑ってしまうシーンもあったのでこれはこれでよかったんじゃないかと。
カスカベ防衛隊メインだったので楽しめました。
中でもマサオくんのキャラがかなりいいです。
敵役や「パンツマルミエ」ばかり言ってる師匠が正直微妙。
カンフー奥義極めたしんちゃんは流石です。
MATT

MATTの感想・評価

4.0
すごい映画。笑
クレヨンしんちゃんでしかありえない、
もはや芸術のような展開。

そう、芸術は爆発だ

この先どうなるのか全く予想のつかないノンストップムービー。笑

そして全く予想のつかないオチ。

後半のカンフーはある種、観ている僕は世界に取り残されたような
新興宗教に入ってしまったような
そんな不思議な感覚に陥った。笑

いい意味で監督は狂っている笑

ブラックパンダラーメンを食べていたのは製作陣なのかもしれない、、、

何はともあれ、まだまだ面白い
クレヨンしんちゃん☆

声が変わっても大好きです。

ありがとう

再見。
ストーリー的には途中までは良かったけど、ラストの終わり方は雑でしたね。けど、くだらなくて笑えるシーンが結構あり、面白おかしく観ることが出来ました。
ReN

ReNの感想・評価

2.2
長年クレしんのファンで矢島晶子の最後の劇場作になってしまったが、やはり近年のしんちゃんは2000年前半までの様なグッとくる作品ではなくなっていっているのが残念。本作も面白くない訳ではないが、それといってまた観たいとならない…。
ぷにぷに拳って可愛いネーミング〜
ちょっと弱そうだけど(笑)

今回、マサオ君が主人公とまではいかないけど準々主人公ポジションで新鮮でした!
僕なんか僕なんか…ネガティヴになっちゃうのは、自分も同じだからマサオ君に共感!!!
今作もオモローでした!次回作まで待機!

それじゃあ皆さんご一緒に〜
👏2◯ミエ〜〜〜
しんちゃん好きやからかな?
面白かった♪

特撮好きの大人に悪い人はいないw
ぼーちゃんw
白玉母

白玉母の感想・評価

4.0
柔らかい心はなんでも柔軟に考えられる心。
らんちゃんは、正義のため自分の善を貫くために心がガチガチになってしまった。
行き過ぎた正義は悪に成り得る。
自分の掲げた正義に反する行為は全て悪とみなしてしまうから。
俺にはぷにぷに真掌が正義には到底思えない。
今回はまさお君がサブでいい味出してた。
俺もまさお君側だから、嫉妬する気持ち理解出来る。
作中のジェンカの曲調がゆるくて好き。
皆の踊ってる感じも和やかで平和って感じがする。
いつでも正義・平和の傍には笑顔が溢れる。
また、踊る列の中に今までに出演したことのある人もいて楽しく観れた。
secica

secicaの感想・評価

3.0
あんまり期待しないでみた
今回のしんちゃん映画🎬

ふつうに良かった!

まいどまいど
面白く
かわいく
ちょっと感動しちゃう.

こんなに長く続く
しんちゃんシリーズ映画で
ふつうに良いってすごいです。

今回は正義についても
ちょっと深いところがあって
なるほどそういう展開かと思った.

正義の形もさまざま。

ジェンガの歌が特徴ありすぎて
頭から離れなさすぎる笑

シロがかわいすぎる。
単純におもしろいないと思いました。今回はわたしも大好きなラーメンが出てくるとのことで、いろいろ期待していましたが、期待していた内容とは違ったかな?
毎回最後が温かいシナリオになっているのは好感持てます。
>|